Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
黒部渓谷弾丸ツアー①(黒部ルート)
2016-09-03 Sat 05:33
黒部1-1

前述の温井ダムに続いて黒部ダムへ行く機会を得た。
かの地へは およそ15年前だったか(記憶が曖昧なので正確ではない)に訪れて
以来の再訪である。

有名なのでダムに興味の無い方でも名前くらいは聞いた事があるだろう。
しかし、その成り立ちはご存知だろうか

そもそも、何の目的でダムを造るのか
一般的なダムの利用目的は
  ① 洪水対策…ダムにより川をせき止め氾濫を防ぐ
  ② 利水…ダムに水を溜めて水源とする事で水不足に対応する

黒部ダムの着工は、1956年 今から60年前である。
当時、かの地は秘境であり人跡未踏の渓谷であった。
そんな場所に洪水が起きても誰も困らない。
人が居なければ水源を確保しても意味がない。
(少なくとも多大な資金と労力を注ぎ込んで巨大なダムを造る必要はない)

60年前…当時、関西は電力に飢えていた。
慢性的な電力不足による停電が頻発しており、
産業用は元より家庭用としても全く役に立たず、深刻な経済停滞の要因となっていた。
世間の非難は関西電力に集中し、打開策として打ち出されたのが
ダムによる水力発電であった。
幸い関西電力の前身に当たる日本電力が戦前から黒部渓谷の開発を行っており、
仙人谷ダムを完成させていた。

これに伴うトンネル掘削工事は地熱により最大166℃という高温の中、
行われた歴史的難工事であったが、詳しく紹介するとキリがないので
興味のある方は 吉村昭 著「高熱隧道」を読まれたい。

仙人谷より更に黒部川の上流に巨大なダムと発電所を造り、
電力不足の解消を目論んだ訳である。

つまり黒部ダムは発電所とセットで、その威力を発揮するのだが、
その発電所は、どこに在るのだろう
一日平均4000人の観光客が訪れる黒部ダムだが、
その中の何人が発電所に付いて思い当たるだろうか。

答えは、ダムより10km下流の地下に在る。
それは黒部川第四発電所と言い、ダムの愛称「くろよん」の由来でもある。
第四という事は当然第一~第三も有った。
因みに第三は例の仙人谷ダムを利用している。

唐突に話が変わって申し訳ないが、ここで黒部ダムの場所に付いて触れておきたい。
(今回も画像は拡大機能付き そのままで見辛ければクリックで拡大して欲しい)

黒部広域MAP1 (2)-2
地名で言うと、富山県中新川郡立山町になり、丁度 能登半島の南東に位置する。
地図上の赤い□を拡大したのが
                      こちら         
黒部MAP3 (2)-8
            見辛いので、もう少し拡大してみよう
黒部MAP3 (3)-8
これ以上は枠に収まらないのでご容赦願いたい(先にも述べたが、クリックで拡大可)

ダムと発電所の位置関係がお分かり頂けるだろうか
ダムの10km下流(北側)の地下に発電所が置かれていて、
両者の間を水路トンネルで結んでいる。

地図上に引かれた緑の線は立山黒部アルペンルートを示している。
黒部1-2(1)
写真はアルペンルートの室堂と大観峰を結ぶトローリーバス

徒歩を除けば、このアルペンルート黒部ダムに至る唯一の交通手段となるが、
富山県側(地図:左)の立山駅からと、長野県側(地図:右)の扇沢駅のどちらか から
選択して入る事になる。
距離的には扇沢からが近いが、立山からの方が見所も多い
今回、私は富山県側から入る事にした。

ところで、地図の北側には青い線で黒部渓谷鉄道を記している。
黒部1-2(3)
新山彦橋を渡るトロッコ列車(黒部渓谷鉄道

宇奈月(うなづき)と欅平(けやきだいら)を結び、黒部川に沿って走っていて
沿線ではアルペンルートに負けず劣らず美しい景観が楽しめる

そんな立山黒部アルペンルート黒部渓谷鉄道だが、
どちらも元々は黒部開発の為の資材運搬ルートが始まりであり、
工事の終了と共に、その役目を終えて次第に観光へと移行していき現在に至る。
しかしダムの建設は終わっても、メンテナンスは行われねばならず
黒部渓谷鉄道は観光列車と並行して現在も資材運搬を行っている。

ここで、もう一度先のMAPを見て頂きたい。
青い線の黒部渓谷鉄道は欅平が終着点で、
黒部ダムどころか第四発電所にも繋がっていない
それではアルペンルートがメンテナンス資材を運んでいるのだろうか
答えはNo 現在のアルペンルートは観光に特化し、資材は運んでいない。

実は黒部渓谷鉄道の終点、欅平と黒部ダムを繋ぐルートが存在するのだが、
関西電力専用の路線で一般には解放されていない。

黒部MAP3 (3)-10
上のMAPに茶色の線で描かれた黒部ルートが、それ

普段は非公開な黒部ルートだが、平成8年から見学を受け入れていて
毎年春から夏にかけて公募が行われる。
本来は工事やメンテナンスに使われる車両を利用する為、定員が限られていて
一度の見学会に対し30人しか受入れ枠がない。
その為申込が定員を超える事が多く、抽選となる。

申込が多い時には7倍以上の競争率になるようで、
実を言うと期待してはいなかったのだが、
試しに申し込んでみると、幸運にも初回で当選出来た

黒部1-2
送られてきた当選通知と、関連資料

今回は家族は連れず、一人で申し込んだのが功を奏したのかも知れない。
組み合わせは家族でも知人同士でも良いが、例えば4人で申し込んだとする。
生憎残席が3人分しか残っていなければ必然的に落選となるが、
1人だと満席になるまで当選する確率が残される訳である。

しかし喜んでばかりもいられない
私の生息する広島から目的地の黒部までは遠い
けれども仕事の関係で二日しか休めない
行程は一泊二日
強行軍となる事は必至
始発便で出て、最終便で戻る事になる

往復のJRは予約出来るが、現地のアルペンルートは行ってみないと分からない
宿の予約は出来ている
天気は…予報では問題なさそうだが山の天気は変わりやすい
夏とはいえ高地である、防寒対策も必要だ

雨具と羽織りモノとカメラ類を最小限にまとめて小さなリュックサックに詰め込み
切符を握りしめて8月9日の始発列車に飛び乗った。
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
温井ダムの瀑布
2016-08-18 Thu 12:29
温井0


ちょっと前に遡りますが、今年の6月に県北の温井ダムを見学してきました。

温井ダムは、広島県山県郡安芸太田町に在り、
太田川の支流である滝山川の中流部に建設されたアーチ式ダム。
県内とは言え、広島市内から高速道路を使わず一般道を行けば2時間近くかかります。


温井1
ダムの高さは156m
アーチ式としては国内において、あの黒部ダムに次いで2番目になります。


上の写真の中央部を拡大してみると…
温井2
                                               
温井3
何やら人影らさきものが… 
これは、ダムの大きさを実感する為に置かれた人形で
治水太郎という名まで付けられています。(因みに彼の身長は170㎝) 


温井4
こちらは管理棟に併設された資料館


温井5
中には様々な資料が展示されています。(写真は建設当時を再現したジオラマ)


温井6
温井ダムはダム堤体の上から見学エレベーターで下部まで下りる事が出来ます。


温井7
まるでSF映画に登場しそうな通路を通っていくと…

温井8
岩が展示してあります(触る事も出来る)


温井9
ダムを支える岩盤の一部を展示していました。


温井14
MAPを見ると、堤体から下部までの道順が表示されています。


温井10
ダム下部に出てきました(見上げると、かなりの迫力)


温井11
正面には副ダムと呼ばれる施設が
放流した水を、いったん副ダムに貯めて、河川の水位の急激な上昇を防ぎます。
環境への影響を最小限にする為のシステム


温井12
副ダムを上から見ると、二段構造になっているのが分かります。


温井13
副ダムの下流に一体の人形が…先の治水太郎の仲間同じ身長なんだそうです
名前は利水次郎 比較しやすいように置いてあるようですね。


温井15
放水が始まりました


温井16
下から見上げる放水は中々の迫力です。

放水の影響で周囲には霧雨が発生し、見学していると びしょ濡れに
今回は合羽と防水カメラで対応しました^^


温井17
ダムの傍に在るレストランtoretamon(トレタモン)に立寄って


温井18
ダムカレーに舌鼓

因みにダムカレーとは、ダムもモチーフにしたカレーの事ですが、
(黒部ダムカレーが結構有名かも
驚いた事に日本ダムカレー協会なるものが有るみたいです:笑
それによると、2016年8月現在、国内には81種のダムカレーが確認されているのだとか
意外と多いですね

詳しくは こちら 日本ダムカレー協会
                
           クリックするとサイトが開きます


今回も恒例の動画を用意しましたので、宜しければ見てやって下さいませ



さて、次回の記事では本命の黒部ダムへ…
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今年も花火大会へ…(広島みなと 夢 花火大会)
2016-07-29 Fri 15:01
宇品花火2016-D-1

今年も花火大会を見てきました

正式名称は広島みなと 夢 花火大会ですが、
地元では宇品花火大会と呼ばれる事が多いです。

昨年の鞆の浦花火大会にて宿からの見物が快適だったのに味を占めて
今年はグランドプリンスホテル広島を予約

宇品花火2016-2

その日、花火大会が見える海側の客室は勿論、花火が見えない山側の部屋も含めて
満室だったようです。

大会当日は会場となる宇品界隈は勿論、ホテルがある元宇品周辺も車の通行止めとなる為
宇品花火0-1
車両通行許可証を発行してもらいました。


宇品花火0-2
更にホテルの駐車券も用意して準備万端
これがないと当日の駐車が困難な程混み合うようです。

ホテルに到着すると、チェックインの整理券を配っていました。
幸いそんなに待たされませんでしたが、時間帯によってはかなり混み合うようです。

宇品花火2016-9
ロビーの天井は、かなり奇抜 まるで「未知との遭遇」に登場するUFOの様です。


宇品花火2016-10
エレベータでは部屋のカードキーをセンサーに当てないと
行先階が指定出来ないのはセキュリティーの関係でしょうが、少々面倒です。

グランドプリンスホテルに宿泊するのは2度目
前回は豪華にスイートを利用しましたが
宇品花火2016-1
今回は普通のツインルーム 但し花火が見える海側なのは当然です^^

真正面ではなく、少々斜め先に会場を望みますが充分許容範囲内
宇品花火2016-3
カメラも準備完了
5台のカメラに対して三脚が3個しかない為、打ち上げインターバル時に差換える作戦です。


宇品花火2016-6
ホテル前の海岸には、既に見物人が場所取りをしています。
花火が始まる頃には混み合うかとおもいきや、意外と空いていました。
ここは観覧スポットとしては穴場のようです。


宇品花火2016-7
ホテルの中庭


宇品花火2016-8
臨時の観覧席が設けてありました。
山側の部屋に泊まる客が利用するようです。

夕食はホテルのバイキング
宇品花火2016-4
カニが山盛りですが、あっという間に減っていきます:笑


宇品花火2016-5
デザートコーナーにはチョコフォンデュ


宇品花火2016-B-1
打ち上げ会場周辺には、徐々に見物船が集まってきます。


宇品花火2016-B-3
事故防止に海保(海上保安庁)も忙しそう…ご苦労様です


宇品花火2016-B-2
赤い印の三隻の台船から花火を打ち上げます。


宇品花火2016-B-4
客を満載したフェリーも増えてきます。
そう言えばフェリーでの観覧に参加した事もありました。


宇品花火2016-c-1
更に見物船は増えていき


宇品花火2016-B-5
宵闇が迫る頃には大混雑


宇品花火2016-B-7
いよいよ打ち上げ開始です


宇品花火2016-B-6
昨年は前半に部屋の照明を消し忘れ、反射が映り込んでしまったのを教訓に
今回は最初から消灯…しかし暗くてカメラ操作に苦労しました


宇品花火2016-B-8
やむなくスマホのライトを使用しましたが、これも使い辛いので
次回は懐中電灯を用意した方が良さそうです。


宇品花火2016-B-11
会場から少し離れているので少々迫力に欠けますが
人混みとは無縁の涼しい客室からノンビリ見物するのは最高です


宇品花火2016-B-10
近隣の住民は、これが自宅から見れるのですから羨まし過ぎますね。


宇品花火2016-B-9
見事な水中花火 
手前に写っている船は銀河…先日呉のクルージングで利用しました。

花火大会での銀河は大人気 チケットは発売と同時に売れ切れます。


宇品花火2016-c-2
それにしても、この銀河 今回も良い場所確保してますね


宇品花火2016-12
花火の後は大浴場へ…混雑を予想していたのですが、意外と混んでませんでした。


宇品花火2016-13
温泉成分分析表…海の傍なだけあって塩辛いお湯です。

浴場に付いては前回の宿泊リポートに載せていますので、そちらをご覧下さい。
     
ホテルで入浴


宇品花火2016-14
湯上り処には、こんな休憩室も在るのですが誰も利用していませんでした。
まあ、今日は花火大会でしたからね~^^


この日の締め括りに、最上階(23階)に在るスカイラウンジ トップ オブ ヒロシマ
宇品花火2016-11
ここ、ラウンジバーからの眺望は素晴らしく、美しい夜景が楽しめます
ここから花火を見物するのも良さそうですね。

翌朝のスケジュールに影響するので、私はノンアルコールで我慢して、
お酒は連れにお任せ。

そして翌朝…
チェックアウトは11時だったのですが、
仕事の関係でノンビリも出来ず、5時30分に家路についたのでした。

今度来る時は、もっとノンビリしたいモノです^^;


最後は恒例の動画コーナー
今回は2種類用意してみました。



宇品花火大会2016(かなりの:汗)ダイジェスト



前の動画にも冒頭使用していますが、今回ハイスピード撮影を試みました。
ラストのノーマルヴァージョンと見比べてみて下さい。
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
海・空戦の勧め
2016-06-30 Thu 09:00
War-26 (2)

暫くゲームからは遠ざかっていたのですが、最近久々にハマってしまいました。

お気に入りなゲームは空戦と海戦の二種類
どちらもPCをネットに繋げてPLAYします。
CGの精度を選べるのも共通ですね。(最近はこういった機能が標準化されているのか
マイPCの性能に応じて使い分けるのですが、
低スペックのPCだとCG精度を低くしてスムーズな動きを確保する必要に迫られます。
プレイステーション等のゲーム専用機とは異なり、ユーザーによってスペックに差が出る
PCの場合は必須な機能だと言えます。

War-41 (2)

対戦相手が世界中のプレイヤーなのは、RPGや格闘、シュミレーション等々
昨今では様々なゲームで行っていますが、私がハマったゲームも御多分に漏れず
ネットを介して世界中と繋がっています。
正確にはヨーロッパやアジアといったブロック(サーバー)に分かれている様ですね。

でっ、空戦は「War Thunder」というタイトルのゲーム
設定で高性能なグラフィックを選ぶと、かなりリアルなCGが楽しめますが、
動きを犠牲にしたくはないので、低精度のCGでプレイしています。
掲載している写真がそれ…でも充分許容範囲内デス^^

War-49 (2)


このテのゲームにありがちな、課金をすれば強力なアイテムが手に入るという方式は
このゲームにも採用されていますが、地道にコツコツ経験を積んでいるので
まだまだ先は長いですね…><

写真の零戦は最も初期の11型で艦載機ではないので空母への発着艦は出来ません。
紫電改を手に入れるには、未だ遠い道のりのようです。

空母絡みの笑えるネタを少々…
War-5 (2)
写真には空母蒼龍が映っているのですが、
これは九六式艦上戦闘機(零式艦上戦闘機は未だ入手出来ず)にて着艦を試みるも、
見事に失敗して海上に不時着し、
沈みゆく九六式から無情に去ってゆく蒼龍を眺めた際の光景

War-6.jpg
やはり九六式で着艦に失敗し、艦尾に突き刺さっています:笑


お次は海戦ゲーム「World of Warships」
海戦15 (2)

やはり低精度のCGでサクサク動かしているのが常ですが、
今回は試しに高精度のCGにしてみました。
(掲載している映像は全て高精度CG)

しかし懸念していたとおり、スムーズに動いてくれません。
何やら音ズレも発生している様子で、主砲を撃つと発砲音が聞こえた後に撃ってます:汗
どうやら音速が光速を超えたみたいですね:笑

海戦9 (2)
それにしても精密なCGです

海戦10 (2)
写真は小さくて分かり辛いので、拡大してご覧あれ

海戦11 (2)
全てムービーではなくゲームのプレイ画像です。

海戦20 (2)
高性能なPCを使ったなら、このリアル画像がサクサク動く訳ですね。

海戦21 (2)
当然私は日本海軍の艦艇が好きなので、そればかり映していますが、
無論他の国の艦艇も登場します。

このゲームもやはり、課金しない限り地道にコツコツ経験を積んで少しづつ、
より強力な艦にステップアップしていきます。

二つのゲームに共通しての事ですが、プレイヤーは二つの陣営に分かれて戦います。
その際、艦の国別に組み分けされる訳ではないので、味方の中に日本やアメリカの艦(機)がいたり
日本の艦(機)同士が敵味方に分かれて戦ったりするのは、何とも妙な感じです。

海戦22 (3)
金剛型のようにも見えますが、艦首が一番砲塔のみで二番砲塔が見当たりませんね

海戦22 (4)
試しにモノクロ化してみると、ホンモノの様 砲塔の件を除けばリアルです


最後に二つのゲームを動画にしてみました。

特に「World of Warships」でのコマ落ちした動きにご注目下さい:笑
精密CG故の弊害効果です
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
富田勲を偲ぶ
2016-06-18 Sat 00:00
ミク_0

去る5月5日、富田勲が亡くなりました。
私が尊敬する日本人の三大作曲家は
 伊福部 昭
 武満 徹
 富田 勲

他にも佐藤勝や冬木透など、色々あるのですが…

上記三人のうち、唯一ご存命だった富田勲が亡くなったのは本当に残念です。
「ジャングル大帝」や「新日本紀行」など
氏の名前を知らなくても、曲は聞いた事がある方も多い筈




1970年代、未だ世間に知られていなかったシンセサイーザーを個人で導入し
シンセサイーザー作家の草分けとなる。
同時期に導入したマルチトラックレコーダーも当時の最先端だった。
どちらも今では簡単に行えるようになったが、当時は試行錯誤の連続だった。
シンセサイザーによるドビッシー「月の光」の完成には、実に1年4ヶ月が費やされた。

2002年~2006年にかけて
山田洋次監督 映画「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」
といった時代劇三部作の音楽を担当している。




そして2012年にはボーカロイド初音ミクとの協演「イーハトーヴ交響曲」を果たしている。




富田先生、どうか安らかに・・・
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 電子日記(FC2支店) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。