Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
獅子帝と魔術師
2009-10-13 Tue 01:05
以前「宇宙空母ギャラクティカ」についての記事を掲載した際、
次回の予告に「銀英伝」を挙げてしまいましたが、
今では軽率だったと後悔しています
アニメ・原作共に大好きな作品なのですが、
この作品について語りだすと、あまりに壮大な内容でキリが無いんですョね~

ジャンルは全く異なりますが、「指輪物語」や「デューン/砂の惑星」にも匹敵する
あるいは「ファイブスターストーリーズ」



私が「銀河英雄伝説」Helden Sagen vom Kosmosinsel(ドイツ語)を
初めて知ったのは、初の映像化作品であり未だに最高傑作な
映画「わが往くは星の大海」の予告編を某アニメショップで偶然観掛けた時でした。
時期的には確か劇場公開されて後、ビデオ発売直前だったと思います。
その後同アニメショップでは、発売直後のビデオまで全編上映してくれて、
一発で魅せられてしまいました
普通発売直後の作品を全編上映するなんて非常識な事はあり得ない
と思いますが、そのショップの店長さんは中々のツワモノ(マニア)だったので、
こちらの心理を見抜いていたのかも
名作は何度でも観たくなるものなんですョね。

そして、原作の第一巻を読んで完全にはまってしまい、その後はズルズルと(笑)

お花見の場所取りをしながら読みふけったのも、今となっては良い思い出です。
お陰様で場所取りが全く苦にならなかったのでした~


遥かな未来、人類は異星人と遭遇する事もなく銀河に進出していました。
但し専制独裁国家の銀河帝国と、民主共和制の自由惑星同盟の
二大勢力に分かれて150年の永きに亘って戦争を繰り返していたのです。

銀河帝国は特権階級の貴族達の専横により堕落し、
自由惑星同盟は国民の政治に対する無関心と、政治家達の汚職が横行し
どちらも衰退の兆しが見え始めていた頃、
両陣営に現れた二人の英雄を中心にストーリーが展開していきます。

記事のタイトル「獅子帝と魔術師」も、この二人の異名から…

銀河帝国の貧乏貴族だったラインハルト・フォン・ミューゼル
(後の皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラム)は死後『獅子帝』と呼ばれ
自由惑星同盟の歴史家志望で戦争と軍隊が嫌いな軍人ヤン・ウェンリーは
その卓越した軍略から『魔術師ヤン』の異名を持つ事になるのです。

他にも多彩なキャラが数多く登場しますが、
何故か魅力的な人物は銀河帝国側に多い気がするのは私だけでしょうか?

とは言え二人の英雄に限っては、自由惑星同盟のヤン・ウェンリーがお好みです♪
勿論ラインハルトが嫌いと言う訳ではありませんョ。




映画の後、原作ほぼ全編にわたってアニメシリーズ化もされました。




アニメシリーズは4期にわたって製作されていますが、
こちらは各期のOPを集めた動画です。




そしてこちらはEDを集めた動画
OPは銀河帝国側を、EDは自由惑星同盟サイドを、それぞれ描いています。




メックリンガー1-3
こちらは私の落書きではありませんが、素敵なので拝借しました^^;
初期のデザインなので決定稿とは異なります。





お笑いです





ぎんえい(笑)





銀英伝ファンよりハルヒファン向け? 長門もヤンには適わない??
ちょっと微妙な動画です





更に敷居が高いので、ハルヒ・クラッシック・ファミコン・銀英伝の全てに
詳しい方以外は観ない方が良いかも


そんな訳で、大好きな銀英伝ネタを集めてみました。
少々まとまりに欠ける内容となってしまいましたが、
ここまでお付き合い下さりありがとうございました~










































スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あれ? | 電子日記(FC2支店) | 名物に美味いモノ有り>>
この記事のコメント
懐かしいですね。
学生時代ハマってました。
映画から入った口ですが、
スケール感と、セリフの言葉選び、間に圧倒されました。
その後のOVAもレンタル屋で借りてみましたね。
2期以降は九州時代にキッズステーションで
全話放送していたのでそちらで視聴しました。

やはりミッタマイヤーとロイエンタールの会話がカッコ良かったですね。
あの2人の信頼しきった感じがなんともうらやましかったです。
若本さんの演技も当時はかっこよかったのに、、、、
どうしてこなったwww
同盟のほうは無能な連中が支配しているという感じでしたから帝国に比べると仕方ないかもしれません。
INCさんもそうでしょうが銀英伝は一言じゃ足りなさ過ぎるんでコメントに困りますね(苦笑

PS
ファーレンハイトの最後のセリフも好きです。
「俺の命をやる!」
ビッテンが余計なことさえしなければ・・・・
というか帝国の提督が散るシーンは
どれもかっこよすぎます。
(ルッツにしても、、、)
あぁ、やっぱり一言じゃたりねぇ(笑
2009-10-18 Sun 19:40 | URL | スライダー #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
お~そちらも劇場版から入られましたか~
その後のアニメシリーズも原作に忠実でしたが、
やっぱり「我が往くは星の大海」が最高です!

原作を読み終えた頃は未だアニメシリーズ化されてなくて、
結構布教活動しましたが^^
よせばいいのに読みかけの友人にヤンの最後を話してしまい、
恨まれた事も…汗
やっぱりネタばらしはいけませんネ★

それにしてもラインハルトの元には優秀な人材が集まり、
ヤンは手枷足枷されながら戦う構図が印象的でした。
13艦隊はある意味精鋭だったのでしょうが…

やはり銀英伝について語りだすと、止まりませんねe-330
2009-10-18 Sun 23:52 | URL | inck3 #2nM3mcAo[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。