Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
町家にて
2009-10-10 Sat 15:58
厳妹灯篭10m
珍しく地元の景勝地宮島を訪れるきっかけとなった宿をご紹介します。

今年の5月頃だったでしょうか
たまたま「宮島に古民家の町家をリニューアルして一棟貸しの宿がOPENした」
というニュースを耳にしまして、興味をもったのがきっかけでした。
しかしOPEN直後には殆ど情報も無く、
NETを探してみると唯一宿のご主人のブログを見付けました。

http://ameblo.jp/blog-kannen/theme1-10011306751.html#main

更に先月になって宿のサイトを見付けまして
詳細が案内されていたのをきっかけに、予約を入れてみる事にしました。

http://www.itsumoya.jp/

その頃になると、実際に宿泊した方の感想などもNETに載りはじめ、
これは是非とも泊まってみたいと思っていたのです。

町家と言えば古都京都が有名ですが、宮島にも町家通りがあり、
実際に訪れてみると、昔ながらの木造とは限らなくても町家風の住宅が
狭い町並みに肩を寄せ合うように並んでいました
DSC00222_convert_20091009163934.jpg


場所によっては、まるで京都のような風景も・・・
DSC00221_convert_20091009164433.jpg
逆光でお見苦しい写真になってしまい恐縮です


私の抱く町家のイメージは・・・
「幅は狭く奥行きがあり、2階建てで箱庭(中庭)が設けてあって
風通しが良く夏は涼しい」というものだったのですが
宮島にはそんな家々が軒を連ね
今回の宿も正にそのイメージ通りだったのです


宿の名前は厳妹屋(いつもや)と言いまして、

①宮島の古名“厳島”~厳 を
②厳島神社に祀られている宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)が
女性の神である事から、女性の万葉言葉の 妹 を

採って名付けたそうです。

更に何時も(いつも)そこに在る、といった古民家のイメージが
込められているみたいです。



厳妹外観11m
宿の外観



厳妹一階11m
玄関を入るとアンティークな家具が並ぶ土間がお出迎え



厳妹外観12m
宿泊客の居ない時には、土間はミュージアムショップになります。



厳妹お上12m
土間の奥の「お上」と呼ばれる空間には・・・
(ペットボトルとか散らかしていますが



厳妹お上10m
神様が祀られています。
これは宮島の町家の特徴なのだとか・・・



厳妹一階12m
土間の端にある小さな扉を開けると、狭い通路の奥には箱庭が・・・
因みに写真の左側に「お上」が在って、
「お上」の更に奥には座敷が在り、キッチンなどが設けてあります




厳妹中庭11m
厳妹中庭14m
箱庭です



厳妹中庭18m
厳妹中庭17m
箱庭から一階の座敷(キッチン付き)と、二階を臨みます。
この庭が在るために
玄関(土間)キッチン付き座敷箱庭、と風通しが良く
二階も含めて真夏に天然の冷房効果を発揮してくれるのです

ところで、この二枚の写真は露光とフラッシュの異なる撮影ですが、
皆さんはどちらがお好みですか
明るい方は細かい箇所まで良く判りますが、
暗い方が実物により近い感じがするのです。



厳妹中庭15m
別角度から



厳妹中庭10m
座敷から箱庭を臨みます



厳妹風呂11m
座敷から箱庭を挟んで向かい側にはお風呂が
残念ながらではありませんが
中々に広い檜風呂で、思いっ切り足が伸ばせます



厳妹中庭16m
勿論お風呂からも箱庭が望めます。
引戸を全開にすると気分は露天風呂



厳妹二階32m
二階から箱庭を臨みます。
もみじが秋には素敵な紅葉を見せてくれそうですね



二階には寝室や居間などの三部屋が在り、この宿の主室になります。
二階の模様をサムネイルにしてみました。
クリックすると拡大します。

厳妹二階11m 厳妹二階12m 厳妹二階13m 厳妹二階31m

厳妹二階14m 厳妹二階15m 厳妹二階16m

厳妹二階10m 厳妹二階21m 厳妹二階23m

厳妹二階24m 厳妹二階29m 厳妹二階30m

厳妹屋二階3m 厳妹屋二階4m 厳妹屋二階2m 厳妹二階27m



こちらは動画、相変わらず下手な撮影で恐縮です
[高画質で再生]

厳妹屋1

[広告] VPS



宮島の家々には表札代わりに灯篭が使われているようです。

DSC00147_convert_20091010145126.jpg DSC00149_convert_20091010145210.jpg 
DSC00151_convert_20091010145245.jpg DSC00152_convert_20091010145325.jpg



「厳妹屋」は素泊まりなので食事は買出し又は外食となります。
そこで夕食は島のお好み焼き屋へ・・・
DSC00148_convert_20091010151642.jpg
お好み丼です。お好み焼きと、ご飯の相性は微妙ですね


宮島の夜は、思いのほか早く更けていきます。
夕食を終えて宿に戻る道すがら、午後7時くらいだったでしょうか
商店街の店の殆どは早々とシャッターを閉めていて、
観光客向けのお土産屋さんが細々と修学旅行生相手に営業していただけでした。

普通の宿に泊まっていれば、こんな地元の暮らしが体感出来たかどうか?
上げ膳据え膳のお任せ感はありませんが、たまにはこんな宿泊も楽しいのです

宿に戻ると予め調達しておいたビールを深夜まで飲み明かし
程よく酔ったら、お風呂に浸かっていい気分
しかし「お上」で宴会するのは、ちょっと罰当たりだったかも

翌朝は近くの商店で弁当を買って来ての朝食です。
因みに宮島にコンビニは在りません。

このままではグルメ無しの旅行になってしまいます
そんな事態は許されませんので、
帰り際の昼食で名誉挽回、巻き返しを図るのですが、
そちらのリポートは次回へ続きます^^;
スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<名物に美味いモノ有り | 電子日記(FC2支店) | 神の島へ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |