Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
黒部ルート ③ 【黒部川第四発電所】
2017-08-23 Wed 15:06
黒部ルート25

インクラインを降りると黒部川第四発電所に到着

完成したのが1963年なので、今年(2017年)で築54年になる訳で
とても50年以上前に造られたとは思えない程、近代的
勿論、随時メンテナンスや改修を行っているからなのですが
50年も前に地下150mもの空間を掘削し、大規模な発電所を建設した事が
実物を見ると、凄い事だと実感出来ます。

黒部ルート26
黒部ダムの愛称『クロよん』は、この第四発電所から名付けられました。

黒部ルート27
入口には建設当時、関西電力の社長だった太田垣士郎氏のレリーフが飾られています。
黒部ダムや第四発電所の建設には莫大な費用と労力を必要とした為
経営者としてかなりの覚悟を伴う決断が求められたようですね。

黒部ルート28
まずは会議室に案内され、中央のジオラマを使って黒部の山々とダムや発電所等の
位置関係を説明してくれます。

黒部ルート29
それにしてもリアルで巨大なジオラマです
後程この場所で黒部ダム開発にまつわる資料映画が上映されるのですが
その際、ジオラマの一部が割れて第四発電所の位置が示されるのに驚きました。
まるで二子山がスライドして地下からウルトラホーク1号の発射カタパルトが
出現した様なインパクト(マニアックな比喩で恐縮です

黒部ルート30
会議室でのレクチャーの後、発電所の中心部である発電所建屋へ
幅22m 高さ33m 奥行117mの広大な空間は、とても地下とは思えません。

黒部ルート31
写真に写っている黄色い励磁機の下に水車と発電機が在ります。
上のランプが灯っている機は、現在発電中

黒部ルート32
発電機に使われる水車(実物)

黒部ルート33
羽の部分を拡大…使用済みなので、かなりの痛みが見て取れます。
水圧の凄さが実感出来ますね。

黒部ルート34
水車の規格…直径が3.3m 重さ12トンぺルトン水車としては国内最大

黒部ルート35
水車の平面図…周囲6方向から水が注がれ水車を回します。
重量12トンの水車を高速回転させる訳ですから
いかに水流の持つエネルギーが凄いかが想像出来ますね。

黒部ルート36
天井に設置されたクレーンは、水車の交換などに使われます。

黒部ルート37
水車交換時の様子がパネル展示されていました。
この作業の為に33mもの高さの空間が必要だったのです。

黒部ルート38
励磁機(下の発電機)とクレーンの位置関係が解ります。

黒部ルート39
こちらは制御室…現在は無人化されていますが、昔は係員が常駐していたそうです。

黒部ルート40
お次は発電機の下に設置された水車の回転軸を見学します

黒部ルート41
水車そのものは水流に囲まれていて、水を止めなければ見る事が出来ないので
水車と発電機を繋ぐシャフトを見学するのですが、
残念ながら写真を撮っていないので
後程掲載予定の動画にてお伝えしようと思っています。

黒部ルート42
発電所の見学を一通り終えると昼食タイムです
関西電力は流石にお昼ご飯までは用意してくれませんので
(参加費無料なので、そこまで甘えては いけません)
予め黒部ダムのレストハウスに弁当を予約しておきました。

黒部ルート43
お土産として『黒部の氷筍水』をプレゼントしてくれます。
氷筍水とは、黒部の山々の雪解け水が地下水となって湧き出した水の事
調べてみると、amazonや楽天などの通販サイトでも売られているようです

黒部ルート44
昼食に利用した会議室の隣には資料室が在って第四発電所や黒部ダムに関する
様々な資料が展示されているのですが、写真は2002年の紅白に中島みゆき が
出演した際のサインや資料

黒部ルート45
NHKから贈られた記念の盾…NHKは紅白の出演者にこんな物を贈っているのでしょうか
だとしたら、かなり予算に恵まれているようですね。

黒部ルート46
紅白の際の記念写真…手前に寝そべっている赤い服の人はプロデューサーだったかな
何だか偉そうですね:笑
中島みゆき さんが、どこに居るか分かりますか

黒部ルート47
最近ではアナウンサーの辛坊治郎氏なんかも訪れたみたいです。
(写真中央のサイン、2016年6月26日の日付が記されていました)
因みに左はジャーナリストの嶌信彦氏で
右はアニメ監督の庵野秀明氏

先に載せた紅白の中島みゆき出演のエピソードに関して
極寒のトンネルの中で「地上の星」を歌った際
あまりの寒さからか歌詞を間違えてしまうのは有名なエピソードですが
その時、口から白い息が漏れるのを防ぐ為、
氷を口に含んで歌ったのだそうです。見事な歌手魂ですね

収録後に凍えた中島むゆき が横になって休んだソファーも有り
我々見学者も座らせて頂きました。

我々が第四発電所に滞在を許された時間は1時間
その間に各所の見学と昼食、資料室の見学を済まさなければならず
もう少し時間が欲しかった…というのが本音


黒部ルート48
こちらは会議室に展示されていた第四発電所の立体模型
全体の構造が良く分かります。

黒部ルート49
黒部川水系設備概要図…麓の宇奈月温泉から黒部ダムまでの間の発電所をはじめ
様々な関連施設の位置関係が分かります。

黒部ルート50
水路縦断面図…黒部ダムから第四発電所まで水流が導かれる経路を図解しています。
全長約12km 高低差約540mを経て黒部ダムから第四発電所に送られた水は
最後に仙人谷へ排出されます。

第四発電所の見学を済ませた我々が次に向かうは、その仙人谷
そこには黒部川第三発電所と仙人谷ダムが在るのですが、続きは次回にて

スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒部ルート ④ 【仙人谷と上部専用鉄道】 | 電子日記(FC2支店) | 黒部ルート ② 【インクライン】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |