Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
海・空戦の勧め
2016-06-30 Thu 09:00
War-26 (2)

暫くゲームからは遠ざかっていたのですが、最近久々にハマってしまいました。

お気に入りなゲームは空戦と海戦の二種類
どちらもPCをネットに繋げてPLAYします。
CGの精度を選べるのも共通ですね。(最近はこういった機能が標準化されているのか
マイPCの性能に応じて使い分けるのですが、
低スペックのPCだとCG精度を低くしてスムーズな動きを確保する必要に迫られます。
プレイステーション等のゲーム専用機とは異なり、ユーザーによってスペックに差が出る
PCの場合は必須な機能だと言えます。

War-41 (2)

対戦相手が世界中のプレイヤーなのは、RPGや格闘、シュミレーション等々
昨今では様々なゲームで行っていますが、私がハマったゲームも御多分に漏れず
ネットを介して世界中と繋がっています。
正確にはヨーロッパやアジアといったブロック(サーバー)に分かれている様ですね。

でっ、空戦は「War Thunder」というタイトルのゲーム
設定で高性能なグラフィックを選ぶと、かなりリアルなCGが楽しめますが、
動きを犠牲にしたくはないので、低精度のCGでプレイしています。
掲載している写真がそれ…でも充分許容範囲内デス^^

War-49 (2)


このテのゲームにありがちな、課金をすれば強力なアイテムが手に入るという方式は
このゲームにも採用されていますが、地道にコツコツ経験を積んでいるので
まだまだ先は長いですね…><

写真の零戦は最も初期の11型で艦載機ではないので空母への発着艦は出来ません。
紫電改を手に入れるには、未だ遠い道のりのようです。

空母絡みの笑えるネタを少々…
War-5 (2)
写真には空母蒼龍が映っているのですが、
これは九六式艦上戦闘機(零式艦上戦闘機は未だ入手出来ず)にて着艦を試みるも、
見事に失敗して海上に不時着し、
沈みゆく九六式から無情に去ってゆく蒼龍を眺めた際の光景

War-6.jpg
やはり九六式で着艦に失敗し、艦尾に突き刺さっています:笑


お次は海戦ゲーム「World of Warships」
海戦15 (2)

やはり低精度のCGでサクサク動かしているのが常ですが、
今回は試しに高精度のCGにしてみました。
(掲載している映像は全て高精度CG)

しかし懸念していたとおり、スムーズに動いてくれません。
何やら音ズレも発生している様子で、主砲を撃つと発砲音が聞こえた後に撃ってます:汗
どうやら音速が光速を超えたみたいですね:笑

海戦9 (2)
それにしても精密なCGです

海戦10 (2)
写真は小さくて分かり辛いので、拡大してご覧あれ

海戦11 (2)
全てムービーではなくゲームのプレイ画像です。

海戦20 (2)
高性能なPCを使ったなら、このリアル画像がサクサク動く訳ですね。

海戦21 (2)
当然私は日本海軍の艦艇が好きなので、そればかり映していますが、
無論他の国の艦艇も登場します。

このゲームもやはり、課金しない限り地道にコツコツ経験を積んで少しづつ、
より強力な艦にステップアップしていきます。

二つのゲームに共通しての事ですが、プレイヤーは二つの陣営に分かれて戦います。
その際、艦の国別に組み分けされる訳ではないので、味方の中に日本やアメリカの艦(機)がいたり
日本の艦(機)同士が敵味方に分かれて戦ったりするのは、何とも妙な感じです。

海戦22 (3)
金剛型のようにも見えますが、艦首が一番砲塔のみで二番砲塔が見当たりませんね

海戦22 (4)
試しにモノクロ化してみると、ホンモノの様 砲塔の件を除けばリアルです


最後に二つのゲームを動画にしてみました。

特に「World of Warships」でのコマ落ちした動きにご注目下さい:笑
精密CG故の弊害効果です
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今年も花火大会へ…(広島みなと 夢 花火大会) | 電子日記(FC2支店) | 富田勲を偲ぶ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。