Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
京都宿泊記之壱(煙草王の遺した長楽館②)
2016-01-26 Tue 01:02
長楽館の主(あるじ)村井吉兵衛は日本における近代たばこ産業の始祖
彼の生家は貧しく9歳で叔父の養子となり、その後家督を相続し煙草界で成功を収める
明治37年に煙草産業が国有化された際、莫大な補償金を元手に村井財閥を発足
吉兵衛の死後、財閥は衰退していく事になる。

長楽館は吉兵衛の隆盛期に造られ彼の華やかかりし頃を現在に伝えている。


長楽館0
『長楽館』と名付けたのは初代総理大臣 伊藤博文 公


それでは一階から順にご案内致しましょう。

長楽館23(サンルーム)
サンルーム…建築当時は温室でした。写真のごとく現在天井は塗潰されていますが、
         当初はガラス張りだったのです。


          長楽館24(サンルーム)
          当初は館(やかた)の玄関として使われていた扉も
          長年の風雪に痛み、現在ではカフェとして利用されている、
          サンルームの入口に移設されました。


長楽館25(サンルーム)
元々玄関だっただけに美しいステンドグラスがはめ込まれています。


長楽館26(ダイニング)
ダイニングルーム…西洋の館では最も大切な部屋として扱わてきました。


長楽館27(ダイニング)
長楽館においても同様で、イギリス・ヴィクトリア調のネオ・クラシック様式は
明るく優雅な空間を演出しています。

長楽館28(ダイニング)
壁や天井など室内の装飾や豪華なシャンデリアも当時のまま


長楽館29(ダイニング)
現在はフレンチ・レストランとして利用されています。


長楽館30(迎賓の間)
迎賓の間…当時は貴婦人達をもてなす為のドローイングルームでした。


長楽館31(迎賓の間)
現在は、アフタヌーンティー専用の部屋として使われているそうですが


長楽館32(迎賓の間)
我々は朝食時に利用しました。
食後のティーに、三種の葉を持って来て香りで選ぶ紅茶が印象に残っています。


長楽館33(球戯の間)
球戯の間…当時はビリヤード室でした。


長楽館34(球戯の間)
ステンドグラスが印象的な、この部屋には かつてビリヤード台が置かれていたのです。


長楽館35(球戯の間)
紅葉をあしらった円形テーブルは現在カフェとして利用されています。


長楽館36(書斎)
書斎…主(あるじ)であった村井吉兵衛の執務室でした。


          長楽館37(書斎)
          こちらも現在はカフェ・ルーム


長楽館38(書斎)
意匠を凝らした重厚な作り付けの書棚


続いて二階へ

長楽館39(貴婦人の間)
貴婦人の間…ここは村井吉兵衛の妻、宇野子が過ごした部屋です。


長楽館40(接遇の間)
接遇の間…当時のゲストルーム


長楽館41(接遇の間)
マイセン磁器などの調度品も当時のまま残されています。


長楽館42(鳳凰の間)
鳳凰の間…賓客向けのゲストルームでした。


         長楽館43(美術の間)
         美術の間…当時の美術室にはコレクションの数々が展示されていました。


長楽館44(美術の間)
こちらも当時使われていた鏡台


長楽館45(美術の間)
中村白玲画伯の紫陽花


長楽館46(喫煙の間)
喫煙の間…かつての喫煙室


長楽館47(喫煙の間)
ステンドグラスの扉を開けると、正面シャンデリアの奥にもステンドグラスが重なる
(拡大してご覧下さい)
更に、その下の扉の向こうにはバルコニーが備え付けられています。


長楽館48(2階フロア)
中央フロアの階段を使い三階(最上階)へ


長楽館49(2階フロア)
三階は、1・2階とは異なり和風様式の造り


長楽館50(長楽庵)
長楽庵…書院形式の茶室


長楽館51(長楽庵)
表千家に残る『残月亭』の写しと伝えられています。


長楽館52(長楽庵)
『残月亭』は千利休の聚楽屋敷にあった色付九間書院を写したものと伝わる。


長楽館53(御成の間)
御成の間…折上格天井とバカラ製のシャンデリアが
        和洋折衷の豪華な空間を作り出しています。


長楽館54(御成の間)
付書院や飾り窓が雅な書院造


長楽館58(御成の間)
襖絵は神坂雪佳の作と言われています。


長楽館55(御成の間)
障子の間から東山を望む。


長楽館56
100年の歳月を重ねてきた長楽館も流石に老朽化が進んだのか
現在リニューアルの為カフェ・レストラン・宿泊共に休業中
来る2月18日に工事を終えてグランドオープンの予定です。


長楽館57
建物だけでなく調度品も当時のまま保存されていて
現役にて利用可能な文化財として貴重な長楽館

古き良き明治に思いを馳せながら至高の時を過ごさせて頂きました

最後に動画を作ってみました。

と言っても上記写真のスライドショーがメインですが
スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<サンフレッチェのトロフィーが… | 電子日記(FC2支店) | 京都宿泊記之壱(煙草王が遺した長楽館①)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。