Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
エキゾチックな明治
2015-05-18 Mon 22:30
金唐紙1

かつて明治の時代に我が国で作られ、世界の名だたる建物を飾った壁紙がありました。
金唐紙と呼ばれるそれは、バッキンガム宮殿や鹿鳴館に用いられましたが、
現在では、その殆どが現存せず 製法も失わます。
永らく幻とされた金唐紙が復活したのは1995年(平成7年)の事で
実に1985年(昭和60年)から10年の歳月をかけた復元の成果でした。

金唐紙2

私がはじめて金唐紙に出会ったのは旧呉鎮守府司令長官官舎においてですが、
その異国情緒漂う様に驚いたものです。
かつての明治のエキゾチックな一面を垣間見た気がしました

鍵持つ少女
こちらのイラストの作者はmeeya
どこか異国情緒な雰囲気を感じたのは、背景に描かれた壁紙だけが
理由ではないと思うのです。
恐らく作者様が意図されたイメージとは異なるのですが、
何故か私が金唐紙を連想したのは、

入船1
金唐紙に覆われた、こんなエキゾチックな館の住人であって欲しい…なんて
私の妄想(笑)が起因しているのかも

meeya様 素敵なイラストを有難うございます

ところで、彼女が手にする鍵って意味深ですね~
スポンサーサイト
別窓 | イラスト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<PC昇天 ^^; | 電子日記(FC2支店) | ちょっと気になるアニメ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |