Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
鶴の井
2011-10-17 Mon 12:51
賀茂川荘2

母の精進落としを兼ねて、温泉に行ってきました。

これまでは西に行く事が多かったのですが、今回は珍しく東へ…
といっても県内の近場なのです^^;

安芸の小京都と呼ばれる竹原に在る湯坂温泉…山の中ですが

湯坂温泉は、大化の改新の頃、
今から1350年前に山陽道の宿場町として隆盛を極めたそうです。
古くは菅原道真が筑紫に下る途中に憩い、
国学者として有名な頼山陽も旅の途中に立寄り、疲れを癒したとか

あるとき傷付いた鶴が飛来し、湯つぼ(源泉)の湯を飲むと
傷が癒えた事から、鶴の湯とか鶴の井と呼ばれているそうです。
(湯に浸かって癒したとの説も?)
そういえば、山口の三丘温泉でも鶴が浸かって傷を直したとか、
湯田温泉では白狐が浸かって傷を癒した という由来が残っているので、
探せばもっと有りそうですね^^

今回の宿は ホテル賀茂川荘
宿名の由来は傍を流れる賀茂川からきているのですが、
有名な京都の鴨川とは関係ありません…字が違うって


賀茂川荘1小
この宿の最大の売りは、1500坪の庭園ですが、
ホテルと名乗るだけあって、6階立ての本館が庭を囲むように配置されています。
この本館が、かなり古くて老朽化している感じ(勿論安全は確保されているのでしょうが)

ところが、この宿には一部屋だけ離れの客室が在るのです。

proom204.jpg
そんな訳で、今回利用したのは 弘陽亭 と呼ばれる離れ。
元々はお茶室だったのだそうです。


賀茂川荘3
テラスやお風呂、ミストサウナも備わっていて至れり尽くせり
但しお風呂は温泉ではありません…残念


正直、日本庭園は大した事ないのですが、弘陽亭は良かったですョ
因みに弘陽亭の弘は先代のオーナー 河崎弘さんの名からとったとか。
元は先代の離れとして使われていたのだそうです。


賀茂川荘1
庭園には、こんな水車も^^


賀茂川荘には、庭園とは別に変わった特徴があるのです。
それは、館内のあちこちに地元出身の重鎮 奥田元宋画伯の作品が展示されている点。

賀茂川荘2
さながら、ちょっとした美術館のようです。

賀茂川荘3
更に奥田元宋画伯のお弟子さんを中心とした日本藝術院会員の作品の数々も展示されています。


賀茂川荘4
そして、庭園内には能舞台が在り、春と秋に定期公演が舞われるのです。



動画です^^


賀茂川荘5
離れのお部屋 弘陽亭の表札も奥田元宋 作のようです。


賀茂川荘6
大浴場の野趣溢れる岩風呂


賀茂川荘4
夕食はいろりで海山の幸を炭火焼
あまりに多くて食べきれない程でした。










賀茂川荘7
何故かロビーの一画には、戦艦大和の模型が
1/144の結構大きなサイズなのでした。
スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<史上最大の海戦 | 電子日記(FC2支店) | 花冠>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。