Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
スペース宅急便(クロネコ・ヤ★ト じゃないョ^^)
2011-01-24 Mon 20:50
HⅡB3
1月22日 こうのとり2号機が種子島宇宙センターより
無事打ち上げられました。

上の写真はHⅡBロケット打ち上げ直後の撮影
先端に雲のように見えるのは、音速を超えた際に発生するソニックブームと思われる。



先の“はやぶさ”ミッション以来、何かと注目を集めている日本の宇宙開発ですが、
当初は苦難の連続でした。
その歴史は終戦直後の1953年頃から、あの“はやぶさ”が目指した
小惑星の名前の由来となった糸川博士の登場で幕を開ける。

1960年代~70年代にかけて、人工衛星の打ち上げを目指したが、
姿勢制御用アポジモーターの動作不良により失敗が続く。

因みに当時のアポジモーターは国産で製造する技術がなく
全てアメリカから購入していたが、その性能は機密のため日本には公開されず、
従って失敗の原因究明は遅々として進まなかった。

現在活躍中のHⅡBロケットの前身でも、打ち上げ失敗の苦い経験が繰り返された。
物がモノだけに、一度の失敗での損失は膨大な金額となり、世間の非難も集中した。

そんな貴重な経験が、現在の日本の宇宙技術に繋がっているのです。

詳細はこちらをご参照下さい。
    
日本の宇宙開発の歴史(宇宙研物語)




さて、話を“こうのとり2号”に戻しましょう。

当初20日に予定されていた打ち上げは天候不順で延期され
22日に改めてリトライされたのです。
中継された打ち上げライブ映像には、やはり心が躍ります
“はやぶさ”の帰還のときも感動的でしたが…




HⅡBによる“こうのとり2号機”打ち上げの様子。
前半はJaxaの公式映像で、後半は種子島の長谷展望公園で撮影されたもの
iwamototuka様からお借りしています。



以下、HⅡB打ち上げ関係の写真です。
クリックで拡大します。

H-ⅡB1  m0351619.jpg  scn11012214520033-p6.jpg  scn11012214520033-p5.jpg

scn11012214520033-p7.jpg H-IIB.jpg HⅡB2







“こうのとり”の紹介動画です。
国際宇宙ステーションへの物資補給を目的とした宇宙機で、
1号は困難とされた宇宙ステーションとのランデブーを
世界で初めて無人飛行にて成功させました。


303905.jpg
“こうのとり”の構造…クリックで拡大します。


打ち上げの次に控えるのは、メインイベントである
ISS(宇宙ステーション)とのドッキング
こちらは1月27日に予定されていて、ライブ映像が中継される予定です。
詳しくは、こちら
  
ライブ中継

今から楽しみですね~
スポンサーサイト
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<EyeSightをアニメに… | 電子日記(FC2支店) | 石亭の夜>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。