Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
春の石亭(お湯の巻)
2010-03-30 Tue 21:24
石亭表紙4



桜の季節となりましたので、
お花見を兼ねて温泉宿に泊まってきました

宿の名を“石亭”と言いまして、
温泉貧弱県の地元広島にあって、数少ないお勧めな旅館。

石亭を利用するのは、今回で三度目となりますが、
訪れる度に新しい発見のある
絶えず変化(進化)する素敵な宿なのです。

ところで熱海にも、有名な同名の温泉宿がございますが、
こちらとは関係無いのだとか…




戯れに動画を作ってみました。
まだまだ撮影が不慣れで、お見苦しい内容となっていますが
生温かい目で見てやって下さい。
宿の雰囲気の片鱗でも感じて頂ければ幸いです^^




それでは順を追って石亭をご紹介してまいりましょう

まずは温泉宿ですから、お風呂へご案内致します。

チェックインした時点での大浴場の男風呂はこちら…
石亭(2)37
内湯です。
前回訪れた時(二年前)には、この内風呂は有りませんでした。




石亭52
露天風呂は以前のままです。




男女の大浴場は朝方切り替わりました。
前回訪問時は夜間の切り替えだったので、
その時々でタイミングが変化するのでしょうか

翌朝男湯に変わった方が規模の大きいお風呂になります。
それがこちら…

石亭(2)42
以前は露天風呂が二つ有りましたが、その内の一つが内湯(半露天風呂)に
新たに周囲をガラスの壁と天井で取り囲んでいます。




石亭(2)41
もう一つの露天風呂




石亭61
深夜の露天風呂は幻想的
本来この時間は女湯なのですが、どうやって撮影したかと言いますと…
詳細は企業秘密です(笑)




石亭63
露天の更に奥には、もう一つの内湯が…こちらも新設です。
写真左上の扉の先には、小さな洗い場が配置されています。




石亭59
お風呂場の片隅に、そっと立て掛けてある和傘




石亭57
露天風呂から夜空を見上げると、朧月が控えめに輝いていました





石亭(2)56
温泉分析書
写真では判り辛いので、少し解説しますと、

 泉温は25℃(冷泉ですね)
 湧出量は毎分290㍑
 PH値は7.8
 ラドン含有量は28.9マッヘ/Kg
 泉質 単純弱放射能温泉

となっております^^

無臭・無色透明なお湯ですね。
濁り湯や独特のヌメリ感が好きな私としては、ちょっと物足りません
やはり温泉と云えば硫黄の香ですョね



おまけ
石亭38
部屋付きのお風呂です。
こちらは温泉ではありませんが、檜の浴槽は気持ちが良いですね
奥に見えるのはシャワーエリア



他のお客さんが居ない時を狙って決死の撮影を決行した大浴場^^
お湯に浸かって撮影疲れ…というのはオヤジギャグにもなりません


以上で、お風呂のご案内は終了致しました。
次回はお部屋やその他の設備をご案内する予定でございます

この宿の真骨頂はお風呂よりも、“その他の設備”にありますので、
お楽しみに^^





スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<春の石亭(大観の巻) | 電子日記(FC2支店) | Planzet>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 電子日記(FC2支店) |