Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
黒部渓谷弾丸ツアー② (広島→立山)
2016-09-15 Thu 23:54
2016年8月9日の始発列車は、広島発6:00の新幹線 のぞみ108号東京行き
自宅から広島駅までは通常バスを使いますが、この時間には便が無いので
タクシーを予約しておきました。


黒部1-0
新幹線から見る早朝の広島

まずは新大阪へ向かいます。


黒部1-3
新大阪で特急サンダーバードに乗換え


黒部1-4
サンダーバード5号で金沢を目指します。

因みにT・B5号と言えばインターナショナル・レスキュー(国際救助隊)を連想したり
                      
サンダーバード5-1s
旧作(オリジナル)の5号

サンダーバード5-2s
こちらは最新作「THUNDERBIRDS ARE GO」に登場する5号

話が、あらぬ方向へ…


黒部1-5
金沢から北陸新幹線の つるぎ706号 にて富山へ


黒部1-6
昨年開業したばかりの車両は、流石に快適でした


黒部1-7
チケットを見ながら思ったのですが…
(サンダーバード乗車中に撮ったので広島~新大阪の のぞみ特急券は写っていない)
サンダーバードと、つるぎ の特急券を比べてみると
距離も時間も圧倒的にサンダーバードの方が長いのに、つるぎの方が高価
サンダーバードが1550円なのに対し、つるぎ は2560円
恐るべし北陸新幹線   やはりJRにとって新幹線は特別なんですね~

富山で つるぎ を降りて、隣接する電鉄富山駅に移動
(写真を撮ったのですが、誤ってデータを消してしまい、お見せ出来ません
電鉄富山とは富山地方鉄道の事で、つまりは私鉄です。
地電本線を経由して地電立山線にて立山駅を目指しますが、
直通列車なので乗換えは発生しません。


黒部1-8
電鉄富山駅で購入した黒部湖までの切符にはアルペンルートの料金も含まれています。
つまりは、この切符で黒部ダムまで行ける訳です
アルペンルートの富山側出発点である立山駅でも切符は売られていますが、
電鉄富山駅で購入した方が一度の購入で済むし、
何より立山駅より販売窓口が混み合わないのでお勧め。
但し、立山ケーブルカー(立山駅~美女平駅)の乗車時間しか指定出来ず、
それ以降の乗物は行ってみないと分からないという…


黒部1-10
ちょっと見辛い写真で恐縮です^^;
駅に停車中、ミラーに反射した車両を撮影しています(拡大すると少しはマシかな)
電鉄富山では様々な車両が活躍していますが、
今回利用したのは10030系という車両なのだそうです。


黒部1-9
こちらの写真は運転席の後ろ側
この路線は一部を除いて殆どの駅が無人の為、運転手が料金を徴収します。
駅に停車する度に運転席から出てきて写真に写っている精算機に乗客が支払うのを
確認していました。 つまりはワンマンカーですね。


黒部1-11
列車からは黒部の山々が見える…筈なのですが、曇っていてイマイチですね
列車は街中から郊外の田園地帯を抜けて徐々に山間へと入って行きます。


黒部1-12(真川大橋)
車道の為の真川大橋が右に見えると、立山駅はもうすぐ。


黒部1-14
立山駅に到着 切符売り場はまずまずの混雑ぶり
やはり地電富山駅で買っておいて正解でした。


黒部1-13
駅構内に貼られていたTVアニメ「クロムクロ」のポスター
黒部が舞台のアニメで現在放送中

さて、ここ立山駅から いよいよアルペンルートに突入します。
立山ケーブルカーを皮切りに、5種の乗物を乗り継いで黒部ダムを目指す訳ですが、
乗り継ぎ駅での混み具合が気になります。
アルペンルート公式HPによると、
例年この時期は駅によっては1時間程度の待ち時間が発生する可能性も有るとか

そんなこんなで次回へ続きます・・・
スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT