Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
地球の外へ(探査機の旅路)
2016-04-14 Thu 19:27
前回はブラックホールを取り上げてみましたが、
今回はもう少し身近な太陽系についての話です。

太陽系CG4 (2)
太陽系の大きさは約1.5光年
その中に1つの恒星(太陽)と、8個の惑星、更に準惑星や衛星等が犇めいています。

火星フォボス1 (2)
火星とフォボス(衛星)


火星4 (3)
火星の地表


木星エウロパ5 (3)
木星(小さい方)と、その衛星エウロパ…エウロパからの視点なので遠く離れた
木星が小さく見えますが、実際は木星の方が遥かに大きいのです。

カッシーニ&土星1 (2)
カッシーニ(土星探査機)と土星


土星ミマス1 (2)
土星と、衛星ミマス


銀河1
太陽系の外にも恒星や惑星が発見されていますが、如何せん遠いので
太陽系の惑星達のような詳細は分かっていません。

現在では太陽系の主な惑星調査の主力は探査機が担っています。
探査機といえば、私達日本人には「はやぶさ」が馴染み深いですが、
火星も木星も土星も、そして冥王星や水星なども、その詳細は探査機が
到達して調査した結果判明したものでした。

昨年冥王星に到達した「ニューホライズンズ」が撮った冥王星のハートマークは
記憶に新しいですが、私にとって最も印象的だったのは「メッセンジャー」
地球から約1億Km離れた水星へ向かう為に79億Kmの道程を7年掛けて辿り着いた
ツワモノです。
(因みに先の「ニューホライズンズ」は54億Kmの行程に9年掛けている)

では何故1億Kmしか離れていない水星に向かう為79億Kmもの回り道を強いられたのか
それは、人類の科学力が非力だからなのです
SFに登場するスターウォーズの宇宙船や宇宙戦艦ヤマトの様な強力な推進器(エンジン)を
現在の科学力では造る事が出来ないので、探査機に積まれた非力なエンジンだと
惑星の重力を使って加速するスイングバイ航法を用いないと目的地まで辿り着けない
ところが、このスイングバイ航法は惑星の動きに合わせた行程が必要なので
遠回りを強いられる事になります。
太陽から見て地球より外側の天体へ向かう為には加速が必要ですが、
水星のような地球より内側(太陽に近い)天体へ向かう為には、減速しなければなりません。
更に難易度を高めたのが、水星の周回軌道に乗せる事を目指した点
ただ近くを通過するだけなら、もっと簡単なのですが、充分な調査を行う為には
水星の周りを回る必要があったのです。

[広告] VPS

地球、金星、水星を使って計6回のスイングバイを行い辿り着きました。


メッセンジャーは予定された以上のミッションを実行し、貴重なデータを提供し続けたが、
姿勢制御燃料を使い果たし、2015年1月水星に落下し、その役目を終えた。
当初は2012年3月に役目を終える予定だった事を考えると、
その寿命は驚異的であった。


オマケ
こちらの動画は前半を太陽系、後半はブラックホールにスポットを当てています。
スポンサーサイト
別窓 | 宇宙 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT