Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
富田勲を偲ぶ
2016-06-18 Sat 00:00
ミク_0

去る5月5日、富田勲が亡くなりました。
私が尊敬する日本人の三大作曲家は
 伊福部 昭
 武満 徹
 富田 勲

他にも佐藤勝や冬木透など、色々あるのですが…

上記三人のうち、唯一ご存命だった富田勲が亡くなったのは本当に残念です。
「ジャングル大帝」や「新日本紀行」など
氏の名前を知らなくても、曲は聞いた事がある方も多い筈




1970年代、未だ世間に知られていなかったシンセサイーザーを個人で導入し
シンセサイーザー作家の草分けとなる。
同時期に導入したマルチトラックレコーダーも当時の最先端だった。
どちらも今では簡単に行えるようになったが、当時は試行錯誤の連続だった。
シンセサイザーによるドビッシー「月の光」の完成には、実に1年4ヶ月が費やされた。

2002年~2006年にかけて
山田洋次監督 映画「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」「武士の一分」
といった時代劇三部作の音楽を担当している。




そして2012年にはボーカロイド初音ミクとの協演「イーハトーヴ交響曲」を果たしている。




富田先生、どうか安らかに・・・
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今日と明日が出会う時
2010-09-08 Wed 00:11
日付が変わる頃、かつて お気に入りの番組がラジオから流れていました。

JET STREAM (ジェット・ストリーム)





「遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を 音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。」

「満点の星をいただく、はてしない光の海を ゆたかに流れゆく風に 心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂(しじま)の、なんと饒舌なことでしょうか。」

…城達也さんの名ナレーションで始まる、この番組は
深夜に洋楽をスタイリッシュに紹介してくれたのです。

現在経営再建中のJAL(日本航空)がスポンサーで、
放送開始が1967年7月3日というから、既に43年の永きにわたって
続いている長寿番組


現在も放送していますが、残念ながら城達也さんは1994年12月で降板され
小野田英一さんが後を引き継がれました。
その後、森田真奈美さん伊武雅刀さん…が担当され
現在は大沢たかお氏がパーソナリティを勤めていらっしゃいます。

そんな変遷が時代の移り変わりを感じさせてくれますが、
やはり何と言っても放送開始から最も永く担当された
城達也さんのイメージが強いのです。
そして、城達也さんは番組降板の3ヶ月後に逝去されています。



続いてご紹介するのは


クロスオーバー11

NHKが深夜に放送していた番組で、
その期間は1978年~2001年の23年間
ジェットストリーム程ではありませんが、こちらも長寿番組でした。





個性的な男性俳優陣のナレーションによるしっとりとした語りとともに
洋楽が流されるのですが、曲の紹介は一切行わず、
ミニドラマを語りながら、その合間にスタイリッシュな曲を聞かせてくれる
といった印象的な内容だったのです。

素敵な曲を聴かされながら、曲名が判らない私は雑誌などで調べたものです。

パーソナリティーは以下の皆さん

1.石橋蓮司
2.清水紘治
3.富山敬
4.横内正
5.津嘉山正種


洋楽の多くを教えられたという事からも、
私にとって忘れられない二つの番組なのです。
今日と明日が出会う時の続きを読む
別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
知られざる?名曲
2010-04-18 Sun 22:04
あまりメジャーではありませんが、大好きな曲(唄)をご紹介します。

1曲目は以前取り上げた事もある動画~ピックアップ




曲名は「il mare dei suoni」
唄っているのはKOKIA
KOKIA…日本の女性シンガーソングライター・ボーカリスト
本名は吉田亜紀子
ヴァイオリニストの吉田恭子は実姉
国内よりむしろ海外(アジア)での人気が高い

“KOKIA”は本名「亜紀子」のローマ字表記「Akiko」を
音節単位で反転(A-KI-KO → KO-KI-A)させたもの。

曲名の「il mare dei suoni」は
“イル マーレ ディ スウォーニ”と発音し、
イタリア語で音の海という意味です。


続いての曲は
「祈り」唄っているのはnj(エヌジェイ)


映像はこの際気にせず、歌に集中して下さい^^;


こちらのサイトではクリアなサウンドで試聴出来ます。
試聴と言っても全部聞けます^^
  
祈り nj
画面中央の試聴ボタンをクリックして下さい。



1曲目の「il mare dei suoni」ですが、
ニコニコ動画が重かった時のためにYou Tube Ver.も
用意しました





因みに最初に掲載した動画はこちら

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
マイナーな名曲です(多分)
2010-02-26 Fri 01:47
今日(正確には既に昨日ですが)
仕事中にラジオを聞いていたら…仕事しろよ
懐かしい曲が流れていました。


1988年に制作されたアニメ「エンゼルコップ」の
エンディングに使用された曲なのですが



テロップに出てくるスタッフが凄いメンバー



今回はアニメの話は置いといて、
この歌をご紹介したいと思います。

歌のタイトルは「痛み」
歌っているのは“クレヨン社”

この“クレヨン社”をご存知の方が
果たしてどのくらいいらっしゃるでしょうか

マイナーなユニットなんですよね^^;

加藤秀樹(サウンドプロデュース)と
柳沼由紀枝(作詞・作曲・歌)からなる音楽ユニット

デビューしたのは「エンゼルコップ」と同時期の1988年
2007年までに7枚のアルバムをリリースし、
2009年からは映像制作に着手

同年 ドキュメンタリー映画『自毛デビュー』で
第31回東京ビデオフェスティバル優秀賞受賞を受賞する等
精力的に活動しています。



最後に「痛み」をフルコーラスでお聞き下さい。
  

このPVは当時(80年代)の制作で、クレヨン社自身が作ったとか…


こちらは公式サイト 
  
クレヨン社はまだいるぞ!
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ある意味どちらもクラッシック?
2010-02-10 Wed 23:31
今回は初音ミクの変り種Ver.でお届けします。


最初はオペラ「魔笛」より夜の女王のアリア 第2番
何とクラッシックですョ




第2幕で歌われるこの曲は難易度が高い事で有名
ミクちゃん見事に歌ってます
「のだめ」でも使われていたので、
聞き覚えのある方もいらっしゃるのでは



因みに、こちらは原曲
クラッシックに興味の無い方はスルーして下さい。








続いては、何とミクが般若心経を歌っています
題して「歌って覚える般若心経」
作者曰く『ただの初音ミクでの写経』なのだそうです。


冗談なのかそれとも本気なのか
よく分からないのですが、
覚える云々は別にしても、
単純にミュージックとして聞けば、意外と楽しいのです
力を抜いて気楽な感じで聞いて下さい
…っと云うか、聞いてたら自然と力が抜けていきます。
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT