Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
有り明けし初茜
2016-01-07 Thu 21:54
2016ご来光13

明けましておめでとうございます(7日にもなって今更ですが

皆さん初詣には行かれましたか
昨年最後の記事が京都巡りで、未だ続きがあるのですが、
今年の正月は珍しく休みが取れましたので、地元宮島にて年越ししてきました。
勿論厳島神社にも詣でた訳ですが、
メインイベントは宮島の主峰 弥山にて初日の出を拝む事
そんな訳で今回は、その時の様子をご案内致します。

弥山は標高535 mと、大した高さではないものの
前日の大晦日に散々飲み食いして、やや二日酔い状態だったので
流石に歩いて登る元気はありません(同行の父も高齢だし)
そこでロープウェイを利用する事にしました。
通常は9時に運行を始めますが、元日だけは早朝5時が始発となります。

その日泊まった宿からロープウェイ乗り場へ歩いて向かう道すがら
若者達が(大学生くらいでしょうか)案内版を見ながら
「ロープウェイは9時から動き始めるって書いてある、初日の出に間に合わない」
などと騒いでいましたので、「今日は5時からですよ」と教えながら登っていきます。
他にも3組程同様に案内したでしょうか…

そんなこんなで、ロープウェイ乗り場に付いた頃には6時を回っていました。
中々に混み合っていて乗り込み待ちの列が出来ています。

2016ご来光1
ようやく乗り込み、満員鮨詰め状態で登っていきます。
(我々はタイミング良く、丁度座る事が出来ました^^)
本来は周囲に雄大な原生林があるのですが、まだ暗い為何も見えません。


2016ご来光10
頂上の展望台は写真のごとく、既に満員の人だかり(いつものようにクリックで拡大します)
そこで頂上に行くのは断念して、ロープウェイを降りて近くの獅子岩展望台へ向かいます。
こちらも、かなり混み合っていましたが頂上よりはいくらかマシな感じです。


2016ご来光4
そこからの眺めは一面の雲海に覆われていました


2016ご来光5
眼下に広がる瀬戸内海を雲海が覆い尽くしています。


2016ご来光2
雲海から能美島が見えてきました。


2016ご来光6
更にロングにすると右側に見えてきた小さな島が小黒神島


2016ご来光7
黎明時の雲海は刻々と表情を変え、見る者を飽きさせません。


2016ご来光8
雲海の下に大奈佐美島が姿を現しました。(左には牡蠣筏が見えます)


2016ご来光9
徐々に霧が晴れ、能美島の向こうに倉橋島が見えます。


2016ご来光11
いよいよ初日の出


2016ご来光12
ご来光が雲海を茜色に染めていきます


2016ご来光16
かなり明るくなってきました

弥山から望む初日の出は雲海とも相まって本当に美しく、
いつまでも眺めていたかったのですが、そろそろ戻らないと宿の朝食に間に合いません。
やむなく下山する事にしました。


2016ご来光14
かなり明るくなってロープウェイの、かや谷駅(中継駅)が見えます。
この駅で一度乗り換えて上り下りするシステム


2016ご来光15
最後に振り替えると、霧がかなり晴れて水面が陽光に照らされていました


2016ご来光17
写真は中継の、かや谷駅から乗り換えて下山するゴンドラ


さて、まさか雲海の初日の出になるとは予想していなかったので
(下山時にゴンドラに乗り合わせたベテラン写真家も「長年初日の出を撮ってきたが
雲海に覆われたのは初めて」と言われていました)
三脚を用意してこなかった事が悔やまれます(宿に置いて来た
三脚があればタイムラプス動画が撮れたのに~
タイムラプスなら雲海の動きがダイナミックに表現出来るのですョ

…もっとも三脚が有っても、あの人混みの中でタイムラプスが撮影出来たか
  甚だ疑問ではありますが…

そんな訳で、今回動画の掲載はございません。
写真だけで恐縮ですが、雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです^^;


最後に当記事のタイトルに付いて
「有り明けし初茜」と名付けた理由をご説明しておきましょう。

“有り明け”…有明海(地名)の事ではありません、
         『まだ月が空に残っているうちに夜が明けること』を云います。
         今回の初日の出が正に、それ
         日の出の際に月が空に有ったのです。

“初茜”…… 『元日の明けがた、日の出直前の空の色』を指します。

つまり初日の出の折、印象に残った月と茜色の空をタイトルに込めたのです。
あっ雲海を忘れてた:汗

それにしても、解説が必要なタイトルというのも芸がありませんね^^;
まだまだ至りません
新年早々失礼致しました
スポンサーサイト
別窓 | 風景 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
街の灯り
2015-10-04 Sun 02:44
皆さんは、都会と田舎で夜空を見上げると星の見え方が違うのを
経験された事はありませんか
街中だと、あまり星は見えませんが、
田舎の山間などでは沢山の星を見る事が出来ます。

これは街の明かりが邪魔をして星を見え辛くしている為で、
光害と呼ばれています。
しかし星の観測では邪魔扱いされる街の明かりも、
それ自体は美しいので、今回は夜景をテーマにしてみました。

我が生息地の広島では黄金山が夜景スポットとして有名処ですが、
今回私が向かった先は、ちょっと違います。
そこに辿り着くのは、少々大変で…


愛宕1
車1台がやっと通れる程の狭い道を通り


愛宕2
山道を歩くと…
(2~3分なので大した距離ではありませんが明かりが皆無なので懐中電灯必須です)


愛宕3
小さな祠(愛宕神社)に辿り着きます。


愛宕4
ここから広島市内が一望…着いた時点では、また明るいので夜景は見えませんが、
街の地形がよく分かります。
中央の小高い山が黄金山、その手前の大きくカーブした橋が海田大橋
更に左手に真っ直ぐ伸びた橋は広島大橋(写真を拡大してご覧下さい)


愛宕5
段々と日が暮れてくると、夜景も輝きを増していきます


愛宕6
星の光とは、また違った美しさがあります。


愛宕7
因みに我が家近くからの夜景…全くスケールが違って、こちらはショボい
右端には薄っすらと黄金山が写っています。


愛宕9
愛宕神社から東側(呉市方面)の眺望(手前の夜景は広島市)


愛宕8
ライトアップされた海田大橋



動画もUPしてみました
冒頭で暗い道を車が徐行していますが、実は復路での撮影で
流石に日中ではこんなに暗くありません。


最後に…
愛宕10
試しに愛宕神社で星空を撮ってみました。
写真は拡大しないと星が潰れてみえません
周囲に明かりが無いので街中よりは星が見えますが、夜景が邪魔をしているのか
流石に人里離れた山の中と同様には見えませんネ~^^;
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
○○は高いところが好き?
2012-05-22 Tue 21:49
本日遂に東京スカイツリーがOPENしましたネ。

私も一度は行ってみたいのですが、中々東京まで行く機会に恵まれませんTT
どうせOPEN直後は込み合っていて、予約しないと利用出来ないのでしょうが、
暫くして落ち着いてきたら是非覘いて見たいです。

そう言えば東京タワーも登った事が無い私ですが、
基本的に高い所は好きだったりします。

登山もしますし…

よく言うじゃありませんか
「バ○は高い所が好き」って^^
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
気が付けば新年…
2011-01-04 Tue 20:31
今更ですが、新年おめでとうございます

年末年始に更新しなかったのは、
大晦日~正月三箇日にかけて仕事してたからなのです。
決してサボっていた訳ではないのですョ~^^;

今日・明日と遅い正月休みだったりします。

それにしても、年末~お正月にかけて各地で大雪の被害が出てましたね~

幸いこちらは全く雪の影響を受けなかったのですが、
皆さんの所は如何でしたか

帰省中に雪による影響を受けた方も多いのでは


山水園
写真は4~5年前、山口の温泉宿にて
屋根の上に雪が積もった時の様子です。
携帯での撮影なので不鮮明ですね


話は変わりますが、正月に仕事しながら今年の予定を立ててみました。
(早や~
どうやら子供の日(5月5日)は久々に休めそうです。
そこで岩国基地の航空祭へ行こうかと思っていたり…
(正月に出勤して遊びの計画とは…ナニやってるんだか:汗)
別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
夜のクレアライン
2010-11-20 Sat 00:00
夜のクレアライン1


広島と呉を結ぶ広島呉道路と広島大橋は現在通行料の無料化実験中
お財布に優しい、この実験に大変助かっているのですが、
反面交通量が増加し、渋滞化も促進されています
やはり片側一車線の有料道路では辛いものがあるのです

しかし夜間は比較的スムーズに流れているので、便利ですね^^


ところで、新たに広島高速2号線の開通に伴って仁保周辺のアクセス方法が
かなり変更されました。
夜のクレアライン4

特に国道2号線(西側方面)から来る車両にとっては、
それまでは左折して広島呉道路(広島大橋)方面に進んでしていたのが
現在では右折して進入せねばならず、混乱するドライバーも多い様です。

カーナビも対応が追いつかないし




動画は運転しながら撮影しています
クルージング・コントローラーが自動で前車との車間距離を保ってくれるので、
アクセル操作は行わず、ハンドル操作と撮影に専念しました。

とは言え危険な事にかわりは無いので、決して真似しないで下さい。
…もっとも、こんな変な事をするのは私だけだと思いますが

別窓 | 風景 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT