Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
靭(SHINARI)
2016-02-12 Fri 00:23
靭1

もう五年以上前になりますが、MAZDAのコンセプト・カーとして発表された
「靭 (SHINARI)」 がお気に入りでした。


靭3
あくまでもコンセプト・カーなので実車は販売されていませんが
ミニカーなら我が家にも有ります:笑


靭4
1/43なので、かなり小さなサイズですが、内装も含めて良く出来ています。


靭5
流石にこのサイズだとドアやボンネットは開きません


靭2
パッケージのデザインもお気に入り


靭6
こちらは実車の写真…やっぱりカッコいいです^^


靭7
リア…いつものようにクリックで拡大すると分かり易いです。


靭8


靭を扱ったショートムービーが有るのをご存じですか



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
またしても…><
2015-08-06 Thu 03:26
前回の記事にて事故に遭った件をUPしましたが、
その修理も終わらず代車を運転していた昨晩、またしても事故に

今度は信号待ちで停車中に後ろからバイクに突っ込まれました。
どうやら相手は、よそ見をしていたようです。
今回も、こちらは停車中だったので貰い事故ですが、
まさか代車に乗ってて事故られるとは思いませんでした

しかも事故の相手は任意保険に加入していないらしく、
修理代がどうなるのか心配です。
(代車の所有者は修理会社なので、恐らくその会社と事故相手との交渉になるのでしょう)

しかし事故が続く時には続くものですね~
『二度あることは三度ある』にならないよう気を付けねば…
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
loaner vehicle (代車)
2015-08-03 Mon 20:24
私はマイカー通勤をしているのですが、
先日、職場の駐車場に車を停めて後、時間に余裕があったので
車内でラジオを聞きながらノンビリしていると突然衝撃を感じました

何事かと周囲を見回すと、他の車に接触されたようで、
バンパーが見事に凹んでいます。
相手の方が重傷で、助手席側の扉が大きく抉られていました。

今の車(MPV)では二度目の事故となります。
前回は交差点での接触でした。
相手の信号無視が原因の事故でしたが、
先方の母親が「自分の息子が加害者な訳がない」と納得せず
交渉が、こじれたのを覚えています。
いくら、相手の信号無視が原因でもお互い走行中だった為100%相手が悪い
とは、いかないものなのです。

しかし今回は駐車中のこちらに、一方的に接触されたので
流石に相手も自らの非を素直に認めてくれて
過失割合もスムーズに決まりました。
(相手が素直な人でホントに良かったです)

先方の保険会社が手配した業者に車を預けて修理中
勿論代車を借りる事となったのですが、
先方「やはり代車はマツダ車が宜しいですか」 の問いに
『たまには他社の車に乗ってみたい』というのが本音だったのです…が
マツダ車でないと通勤許可が下りないので、仕方なく マツダ車をお願いした結果

台車1
やって来たのはアテンザでした


台車2
残念ながら最新モデルではなく、1フルモデルチェンジ前のタイプ


台車3
エンジンスターター・ボタンが付いていて使い易い


台車4
クルーズ・コントロールのスイッチがステアリングに付いています(ピンボケで恐縮です
DOWNボタンで減速、UPボタンで加速
以前乗っていたRX-8から採用されたシステムですが、私の車はオートマではなかった為
今回 初めて運転する機会を得た訳です。(MPVに、この機能は有りません)

しかし代車を借りるのは、当然MPVの修理期間中だけなので、
1週間程度の修理期間内に、高速道路を利用する機会があるでしょうか

特に用事は無いけれど、バイパスでも走ってみようかな^^;
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
(ちょっと昔の)車の話
2014-09-02 Tue 03:03
PCのデータ整理をしていたら懐かしい写真を見付けました。

DSC00310.jpg
大阪オートメッセ…改造車中心の車のイベントに参加した時の様子
写真はランボルギーニの改造車


DSC00290.jpg
レーシングカー

撮影日を覗いてみると2003年2月9日と記録されていました。


DSC00384.jpg
RX-8のコンセプトカー ハリウッド映画「X-MEN2」に登場します。






DSC00386.jpg
以前、本店ブログでも触れたように
この時RX-8の技術スタッフと車体の強度について話をした事が
後のRX-8購入に繋がっていくのですが、


DSC00305.jpg
イベント当日は車よりお姉さんばかり撮影していた様です


DSC00396.jpg
映画でしか見た事のない高級サルーン


DSC01186.jpg
その後、我が愛車となったRX-8(奥の方)


DSC01562.jpg
走行距離が33333Kmに達した際の記念写真
当時は、この車を余程気に入っていたみたいです。
その証拠に今乗っている車では、こんな事しません
 
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
実は未見だったんです(マツダミュージアム)
2014-03-08 Sat 14:50
マツダミュージアムA

ミュージアムと呼ばれ始める以前に工場見学の経験はあったものの…

仕事柄マツダとは色々と関わりがあるのですが(知ってる人は突っ込まないでネ)
意外とこれまで行った事がなかったんです、マツダミュージアム

今回ようやく見学の機会に恵まれました。

マツダミュージアム4

トヨタミュージアムとは比較にならない程小規模ですが、
それでも地元広島では、それなりに有名だったりします。
工場見学とセットなので、通常の休日は休館となるのがネックですが…
(休日は工場もお休みなので、見学も受け入れない)
マツダファンは勿論、車好きな人にとっては それなりに楽しめる施設です。

そんな訳で、今回はマツダミュージアム見学の模様をご紹介しましょう。
【文中の写真の殆どはクリックで拡大します】

マツダミュージアム5
1962年に発売された3輪トラック(通称オート3輪)
2000CCのエンジンを搭載していた事から、T2000という名が付けられました。


マツダミュージアム6
他にも昔の車が展示されています。
現行車種は他でも見る機会が多いですが、
こういった古い車は街中では中々出会えないので(車好きには)結構楽しいのです


マツダミュージアム32
会場は道路を挟んで2箇所に分かれており、連絡通路で結ばれています。
この通路の先には生産ラインが在って見学コースに含まれているのですが、
残念ながら撮影禁止の為リポート出来ません。ご容赦下さい


マツダミュージアム3
マツダの歴史をザックリと解説したボード


マツダミュージアム13
マツダといえばロータリーエンジン


マツダミュージアム7
そのロータリーエンジンを最初に搭載したコスモスポーツ
マツダミュージアム8


マツダミュージアム2
歴代のロータリーエンジンがズラリと並びます。


マツダミュージアム1
ロータリーエンジンを構成するパーツを解説しています。
マツダミュージアム9


マツダミュージアム14
RENESIS(レネシス)はRX-8に搭載されました。
以前乗っていたので思い入れがあります^^


マツダミュージアム10
787B…ルマン24時間耐久レースで優勝したヤツです。
マツダミュージアム11
排気口が面白い処に在りますね
マツダミュージアム12


マツダミュージアム15
運転席のクレイ(粘土)モデル


マツダミュージアム26
ボディーのプレス工程
左奥の板を金型でプレスして中央に写っているパーツに


マツダミュージアム25
更に余分なバリ(突起)を削ったり整形したりして、
写真手前のボディーパーツに仕上げます。


マツダミュージアム19
先程のプレスしたパーツを組み立てたもの
マツダミュージアム18



通常、一般の見学者はミュージアムのスタッフが案内するのですが、
今回は研修の一環として利用した為ちょっと違います。
車関係の各分野から受講生が集まっていて、
各々の専門分野を担当の受講生が解説してくれるので、
普段は聞けない裏話なども披露してくれ興味深い内容となりました
とは言え私は門外漢ですが


マツダミュージアム24
そんな感じでワイワイやっていると、
いつの間にか次の組の見学者達が追い付いてきました
ちょっと急ぎましょう


マツダミュージアム21
エンジンについて
マツダミュージアム23


マツダミュージアム16
こちらはSKYACTIV関連の展示
マツダミュージアム17


マツダミュージアム31
ハイドロジェンRE…水素式ロータリーエンジンについて


マツダミュージアム20
事故車の展示…ではなくて、衝突安全実験の成れの果て


マツダミュージアム27
運転席周りの構造


マツダミュージアム28
コンセプトカー靭(しなり)
マツダミュージアム29
ボディーの所々に見える白い点は照明の反射(決して塗装剥げではありません)
マツダミュージアム30
ドアミラーにはカメラが仕込まれています



展示内容は定期的に入れ替えられていて、
以前はロータリーエンジン関係に力を入れていたそうですが、
今ではかなり様変わりしたのだとか
現在マツダはロータリー車を製造していない為だと思われます。

聞くところによると、一般の見学者は展示内容全てではなく
一部をピックアップして案内(説明)を受けるのだとか。
ちょっと勿体無いですね

幸い今回は通常よりもじっくり時間を掛けた見学が出来たので楽しかったです

別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT