Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
プラネタリウムで観る映画
2010-12-30 Thu 22:06
プラネタリウムでの映像鑑賞ってご存知ですか

映画鑑賞といえば、通常は映画館に足を運ぶのが常識ですが、
(勿論ホームシアターも良いのですが…)
映画館のスクリーンは、どんなに大きくても平面でしかありません。
しかしご存知のように、プラネタリウムのスクリーンは
本来、夜空を投影するために設計されているため、半円型をしています。
全天周スクリーンとでも申しましょうか

平面スクリーンと異なり、ドームの内側がスクリーンとなる訳ですから
迫力や臨場感が遥かに凄いのです



プラネタリウム上映用作品「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」より
地球スイングバイのシーンを抜粋してみました。
BGMは、あえてオリジナルではありません。

各地のプラネタリウムで上映され、絶賛された作品です。
映像が湾曲して見えるシーンが有りますが、
プラネタリウム特有のドーム型スクリーンに対応するための
映像設計がなされている為なのです。



こちらはCG作家のKAGAYAによる「銀河鉄道の夜」
登場人物は一切画面に登場せず、情景だけで展開する宮沢賢治の名作です。




KAGAYAの最新作「スターリーテイルズ -星座は時をこえて-」
2011年公開予定です。
音楽を姫神が担当し、主題歌を唄うのはORIGAという夢の競演
公開が待たれます


全天周型スクリーンは、画面上の移動物を目で追うのにコツを要しますが、
迫力や臨場感は映画館の比ではありません。
機会かあれば是非ご覧になって下さい。
プラネタリウムで観る映画の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Planzet
2010-03-22 Mon 23:39
お気に入りな映像作家、粟津 順 氏の新作が公開されます。

タイトルは「プラン・ゼット」

予告編です



粟津 順…映像制作集団「スタジオマガラ」の代表で
3DCG/VFXの映像演出をされています。

メジャーでは『ゴジラ・モスラ・キングギドラ/大怪獣総攻撃』
~『大帝の剣』などのVFXを担当

個人製作では、『惑星大怪獣ネガドン』 が有名です


そんな訳で、『惑星大怪獣ネガドン』 の本編です

途中まででスミマセン



最新予告




粟津氏のブログはこちら
 
第3宇宙速度
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
変な映画^^
2010-01-19 Tue 00:07
変な映画をご紹介します
ある意味自主制作なので、同人作品と呼んでも良いのかもしれませんが
決して良作とか、作り手の熱意が感じられる…
…といった作品ではありません。
むしろ駄作と言っても良いかも?

「スタートレック」と「バビロン5」のパロディで、
本編(俳優の演技)部分は最低だし、
ストーリーもメチャクチャで見るに耐えないのですが、
唯一特撮シーンは凄い凝り様なのです。

タイトルは「STAR WRECK]

忍耐力に自信のない方はご覧にならないで下さい(笑)



1/5
一応字幕入りですが、コメント表示をOFFにすると
字幕も表示されませんので、お気を付け下さい。





2/5
頑張って見続けていますか?





3/5
・・・^^;





4/5
一応クライマックスです??








5/5
ここまでご覧になられたのでしたら、かなり忍耐強い方ですね!
本当にお疲れ様でした^^;
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
EVAのルーツ
2010-01-08 Fri 23:51
マットアロー1-2

年末年始が仕事で、アレだったので遅れて最近
倉庫(ほんの一部だけですが)の整理をしていると
アナログ的にもデジタル的にも懐かしい物が出てきます。

既に半分恒例行事となりつつある不定期な倉庫の小掃除(笑)なのですが
ブログのネタに困った時に重宝するので、
小出し(出し惜しみとも云う)にしているのです。

そんな中から、今回はデジタル的な掘り出し物を掲載してみましょう。


以前、当ブログで同人作品のDAICON版「帰ってきたウルトラマン」を
紹介した事があるのですが、
この作品に登場する戦闘機「マットアロー1号」について




マットアローラフ1
こちらは初期の設定イラスト、ボツになりました。





マットアローラフ2
続いて決定稿のラフ画





マットアローラフ3
そして、こちらが決定稿





マットアロー透視図
透視図





マットアローカラー1
カラーヴァリエーション その1…クリックで拡大されます。




マットアローカラー2
カラーヴァリエーション その2…練習機用となっていますが、
ブルーインパルスやサンダーバーズのパクリか?
やはりクリックで拡大します。





マットアロー1-5
完成したミニチュアで、実際の撮影にも使用されました。






マットアロー1-4
ウエポン一覧





マットアロー1-6
格納庫内のアロー1号
このまま横スライドしてエレベーターに移動し、
エレベーターで地上の発進カタパルトに持ち上げられます。

因みに格納庫内の横スライドは
製図板を利用して再現しているのだそうです。




イラスト1
後に監督兼ウルトラマン役の庵野秀明が回想しています。





本編は以前ご紹介しましたので、
今回はメイキングです。
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新年のご挨拶の筈が・・・
2010-01-05 Tue 01:03
明けまして、おめでとうございます。
新年のご挨拶は本店ブログに掲載しておりますので、
こちらでは省略させて頂きます(いいのか新年早々こんなんで

本来は着物姿の娘(DDハルヒ)に新年のご挨拶をさせる予定だったのですが、
年末年始~昨日まで仕事が忙しく、
今日は怒涛の宴会で酔っ払いモードに
DDの取り扱いには繊細さが要求されるので、
酔っ払いは自主規制に抵触するのです

そこで予定を変更しまして、GW公開予定の映画をご紹介しますネ




「第9地区」というタイトルの本作ですが、実はアメリカでは昨年公開済みで
既にDVDやBlu-ray diskも(アメリカでは)発売されています。

「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンが
プロデュースを手掛けたSF映画で
100万を超える異星人難民が宇宙船で
南アフリカ・ヨハネスブルグ上空にやってきてから28年後
完全にスラム化したエイリアン隔離地区「District 9」から
エイリアンを一掃することを決断した人類が、
予想外の事態に巻き込まれてゆく姿をドキュメンタリータッチで描いています。

アパルトヘイトに対する社会的・政治的メッセージを盛り込んだストーリーで
監督は南アフリカの生まれの新人、ニール・ブロムカンプ。

因みに発売済みのアメリカ向けDVDには日本語字幕など入っていないので
英語を聞き取れない方には、辛いモノがあります
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT