Yahooブログから引越してきました。 温泉やアニメが大好きです。 宜しく~♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
黒部渓谷弾丸ツアー⑤(黒部湖畔の宿 ロッジくろよん)
2016-10-22 Sat 00:00
黒部1-99

今回のテーマは黒部ツアーにおける宿泊について

上の写真は黒部湖畔から見た星空になります。
是非クリックして拡大して見て下さい。
当地は街中と違って光害(街の明かりが星見の邪魔をする)が無いので
晴れさえすれば素晴らしい星空が楽しめます
黒部渓谷弾丸ツアー⑤(黒部湖畔の宿 ロッジくろよん)の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
黒部渓谷弾丸ツアー④(アルペンルートⅡ)
2016-10-20 Thu 14:44
黒部1-62

大観峰からロープウェイに乗るには、先に室堂にて配られた整理券の順番を
待たなければなりません。
その間、展望台へ
黒部渓谷弾丸ツアー④(アルペンルートⅡ)の続きを読む
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
黒部渓谷弾丸ツアー③(アルペンルートⅠ)
2016-10-03 Mon 16:32
立山黒部アルペンルートで黒部ダムに向かうのは約15年ぶり?

前回は長野県側の信濃大町から入って富山県側の立山に抜けましたが
今回は逆のルートです。

黒部1-15
立山駅のケーブルカー改札口


黒部1-16
黒部ダムのライブ映像が映されていました。


黒部1-17
ケーブルカー乗り場


黒部1-18
ケーブルカーの斜度に合わせたホーム


黒部1-19
ケーブルカー(前面に貨物スペースが有ります)


黒部1-20
平均勾配は24度 最大勾配は29度に達します。
線路が二股に分かれている箇所で上りと下りがすれ違う。


黒部1-21
標高差487m(距離にして1.3k)を7分で結んでいます。


黒部1-22
美女平駅に到着


黒部1-23
美女平駅のプラットホーム


黒部1-24
ケーブルカーの車内も階段状


黒部1-25
立山駅と美女平駅では天井の構造が違っていて


黒部1-26
下を見下ろすと、勾配のきつさが分かります。


黒部1-29
美女平から高原バスに乗換え


黒部1-27
バスは途中、弥陀ヶ原と天狗平に停車するので、途中下車は左の2番乗り場から
終点の室堂まで直行する場合は右の1番乗り場を利用。

弥陀ヶ原、天狗平とも美しい湿原や森林地帯なので途中下車して散策したいところですが
スケジュール的に厳しいものがあるので、今回は通過します。


黒部1-28
バスの終点室堂から雷鳥沢に向かう途上の地獄谷からは火山ガスが噴出していて
傍を通る遊歩道は通行禁止、ミクリガ池からリンドウ池に迂回する事になる。
(今回、雷鳥沢には立ち寄りません)


黒部1-30
いよいよ高原バスにて室堂へ向かいます。


黒部1-31
バスは高低差1473m(距離にして23k)を50分で結ぶ。


黒部1-32
途中の弥陀ヶ原ホテル前
このホテルにも、いつかは泊まってみたいものです。


黒部1-33
弥陀ヶ原高原は標高1,600m~2,100mにかけて広がり


黒部1-34
湿原やカルデラを含む美しい森林地帯


黒部1-35
通行止めとなっている地獄谷が見えてきました。


黒部1-36
バスの終点、室堂に到着
左がホテル立山、右の建物が室堂バスターミナルで、両者は接続されている

室堂はアルペンルートの最高所で標高2,450m 、夏でも残雪が見られます。
ホテル立山は日本で最も高い場所にあるリゾートホテルなので、
高山病にかかり易い人は要注意


黒部1-37
室堂ターミナル内の様子


黒部1-38
アルペンルートの案内図


黒部1-39
立山山頂簡易郵便局となっていますが、正確には立山山頂ではなく
室堂ターミナル内に在り、立山の主峰は雄山で標高3003mなのでちょっと違います。

それはともかく、ここで郵便物を投函すると、オリジナルな消印を押してくれるので
記念にと、自宅で待つ父にハガキを送ったのですが、
私の帰宅より遅れて届いたそれを、
帰宅したから不要だろうと父は捨ててしまった様です
いえ、ちゃんと説明しておかなかった私も悪いのですが…


黒部1-40
室堂ターミナルの改札


黒部1-42
改札口で次に乗り換える立山ロープウェイの整理券を受け取りました
これが配られるという事はロープウェイが混んでいる訳で、一抹の不安が…


黒部1-41
室堂ターミナルの駅表札には雷鳥が描かれています


黒部1-43
ここ、室堂から次の大観峰へは、トローリーバスを利用


黒部1-44
運転席も普通のバスとは異なっていて


黒部1-45
燃料計の代わりに電圧計が並んでいます


黒部1-46
バスが通るトンネルの天井には電線が通っていて


黒部1-47
パンタグラフでバスに電気を供給します


黒部1-48
全線、立山の主峰、雄山の真下を貫通したトンネル内を通る為、排気ガス対策として
電気で走るトローリーバスが運行しているのですが、
このトローリーバスは現在、国内ではアルペンルートの二か所でしか使われていない
ので、その乗車は貴重な体験。
因みに、もう一か所は扇沢と黒部ダムを結ぶ関電トンネルを走っています。


黒部1-49
大観峰駅に到着

ここからロープウェイを利用するのですが、
アルペンルート全線を通じて最も輸送能力が低いのが立山ロープウェイ
当然乗換え待ちが最も混み合う訳で先に室堂で貰った整理券が気になります。

そんな立山ロープウェイに付いては次回の記事にて…
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
黒部渓谷弾丸ツアー② (広島→立山)
2016-09-15 Thu 23:54
2016年8月9日の始発列車は、広島発6:00の新幹線 のぞみ108号東京行き
自宅から広島駅までは通常バスを使いますが、この時間には便が無いので
タクシーを予約しておきました。


黒部1-0
新幹線から見る早朝の広島

まずは新大阪へ向かいます。


黒部1-3
新大阪で特急サンダーバードに乗換え


黒部1-4
サンダーバード5号で金沢を目指します。

因みにT・B5号と言えばインターナショナル・レスキュー(国際救助隊)を連想したり
                      
サンダーバード5-1s
旧作(オリジナル)の5号

サンダーバード5-2s
こちらは最新作「THUNDERBIRDS ARE GO」に登場する5号

話が、あらぬ方向へ…


黒部1-5
金沢から北陸新幹線の つるぎ706号 にて富山へ


黒部1-6
昨年開業したばかりの車両は、流石に快適でした


黒部1-7
チケットを見ながら思ったのですが…
(サンダーバード乗車中に撮ったので広島~新大阪の のぞみ特急券は写っていない)
サンダーバードと、つるぎ の特急券を比べてみると
距離も時間も圧倒的にサンダーバードの方が長いのに、つるぎの方が高価
サンダーバードが1550円なのに対し、つるぎ は2560円
恐るべし北陸新幹線   やはりJRにとって新幹線は特別なんですね~

富山で つるぎ を降りて、隣接する電鉄富山駅に移動
(写真を撮ったのですが、誤ってデータを消してしまい、お見せ出来ません
電鉄富山とは富山地方鉄道の事で、つまりは私鉄です。
地電本線を経由して地電立山線にて立山駅を目指しますが、
直通列車なので乗換えは発生しません。


黒部1-8
電鉄富山駅で購入した黒部湖までの切符にはアルペンルートの料金も含まれています。
つまりは、この切符で黒部ダムまで行ける訳です
アルペンルートの富山側出発点である立山駅でも切符は売られていますが、
電鉄富山駅で購入した方が一度の購入で済むし、
何より立山駅より販売窓口が混み合わないのでお勧め。
但し、立山ケーブルカー(立山駅~美女平駅)の乗車時間しか指定出来ず、
それ以降の乗物は行ってみないと分からないという…


黒部1-10
ちょっと見辛い写真で恐縮です^^;
駅に停車中、ミラーに反射した車両を撮影しています(拡大すると少しはマシかな)
電鉄富山では様々な車両が活躍していますが、
今回利用したのは10030系という車両なのだそうです。


黒部1-9
こちらの写真は運転席の後ろ側
この路線は一部を除いて殆どの駅が無人の為、運転手が料金を徴収します。
駅に停車する度に運転席から出てきて写真に写っている精算機に乗客が支払うのを
確認していました。 つまりはワンマンカーですね。


黒部1-11
列車からは黒部の山々が見える…筈なのですが、曇っていてイマイチですね
列車は街中から郊外の田園地帯を抜けて徐々に山間へと入って行きます。


黒部1-12(真川大橋)
車道の為の真川大橋が右に見えると、立山駅はもうすぐ。


黒部1-14
立山駅に到着 切符売り場はまずまずの混雑ぶり
やはり地電富山駅で買っておいて正解でした。


黒部1-13
駅構内に貼られていたTVアニメ「クロムクロ」のポスター
黒部が舞台のアニメで現在放送中

さて、ここ立山駅から いよいよアルペンルートに突入します。
立山ケーブルカーを皮切りに、5種の乗物を乗り継いで黒部ダムを目指す訳ですが、
乗り継ぎ駅での混み具合が気になります。
アルペンルート公式HPによると、
例年この時期は駅によっては1時間程度の待ち時間が発生する可能性も有るとか

そんなこんなで次回へ続きます・・・
別窓 | 温泉・旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
広島カープ優勝前夜?(9月8日マツダスタジアムにて)
2016-09-09 Fri 20:12
カープ1

私は熱烈なファンという訳ではないのですが、
地元のチームという事でプロ野球なら広島カープ
サッカーJリーグではサンフレッチェを応援しています。

ご存じのように、今年のカープは優勝に大手をかけて現在マジック1
昨日(9月8日)の時点ではマジック2
その日の試合に勝って2位の巨人が敗れれば優勝が決まる
しかも地元3連戦の最終日
ここで決めなければ会場はアウェイに移り地元の胴上げは無しか

カープA

そんな9月8日の試合のチケット、実は持っていたんです。
優勝が決めるかもしれない試合という事で、かなりプレミア化してたようですが、
私が手に入れたのは職場で配布された招待券。
入手当時は、まさかこんなに早く優勝するかも?
なんて夢にも思っていなかった訳で、単純に仕事が非番の日を選んだだけ。
これで優勝が決まれば25年ぶりの胴上げを生で見る事が出来ると
期待するのが当然というもの
(結果的には2位の巨人が勝ってお預けとなりましたが)

しかし内野自由席なので席の確保が問題になります。
当然当日は超満員となる事は明らか

そんな感じで期待と不安を抱きながら、
友人のビレトさんと共にマツダスタジアムへ…

カープB
到着してみると中々の込み具合 予想はしていましたが開場を待つ長蛇の列
心なしか空模様もどんよりしていますね

カープC
我々が入場を果たした時には、既に満席状態で通路にまで人が溢れています。

カープD
内野自由席を彷徨ったあげく、3塁寄りの最上部の通路の端にエリアを確保
上の写真の赤い矢印の位置に陣取りました。

それにしても凄い混み様
私は過去に一度しか来場経験がなく、今回2度目の観戦ですが
近くに居た常連さん曰く「こんなに混み合うのは初めて」なのだそうです。

カープ2
球場をパノラマ撮影してみました(いつものようにクリックで拡大出来ます)

カープ4
恒例のスライリー君によるパフォーマンス
(最近は少し涼しくなってきましたが、夏場は中の人 大変でしょうね~)

カープ12(西川始球式練習1)
始球式を務める子供さん(スライリーの横)と、練習相手の西川選手
もし優勝が決まっていたら一生の思い出になった事でしょう(残念 ><)

カープ13(松山)
松山

カープ14(堂林)
堂林

カープ11(新井)
新井も居ます

カープ3
日も落ちてきてライトが点灯

カープ8
先発ピッチャーの野村 祐輔 それなりに点を取られて追い上げられましたが
味方打線が援護してくれました。(上手くすれば優勝投手だったのにね~)

カープ5
野村 祐輔がバントに失敗
カッコいい写真はプロに叶わないので、打者に付いては面白い写真を選んでみました

カープ10(丸)
丸が内角をえぐる投球を避けながらジャ~ンプ

カープ6
記者席も忙しそうです

カープ9
アウェイ席のドラゴンズ応援団 
相手チームの優勝が懸かった試合にも応援に来るとは見事ファン魂ですね!
君達がドラゴンズを支えていると言っても過言ではありません。
私のような勝ってる時だけ応援する俄かファンとは違います!

因みに亡き母は低迷期のカープを応援してたっけ
今年の優勝を見せたかったな~

カープ7
恒例の7回裏ジェット風船

とにかく球場内は、あっちもこっちも人で溢れていました。
特に女子トイレの長蛇の列には他人事ながら同情してしまいます。

恐らく普段はそんな事ないと思いますが、ちょっとマナーの悪さが気になったのも事実

1人で10席程確保して電話で在宅者を呼び出し
頼まれてもいないのに「席が有るからおいでョ」なんて誘っていたり

1人が数か所の席を確保して離れた集団の間を移動しながら観戦したり…

結局試合終了まで荷物置き場と化していた席も、ちらほら

満席でないのなら、まだしも
立ち見が数多く居るのを尻目にする事ではないですョね

さて、肝心の試合は終始カープがリードしながら進み
甲子園にて阪神が先制点を上げたので場内のボルテージも最高潮へ
しかし巨人に逆転された事が報じられると一抹の不安がよぎり始め
阪神の負けで試合が終わった時点で、皆の期待は打ち砕かれたのでした。

しかしまあ、カープは勝ったので良しとしましょう。
この記事を書いている9日20時08分現在、5-0で巨人が勝っているようです。
この調子だと今日も優勝はお預けかな

それにしても25年ぶりの胴上げ…見たかったな~


今回も手抜きですが動画を作ってみました


別窓 | イベント | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 電子日記(FC2支店) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。